【どうしたら?】税金滞納中の資金繰りの改善方法がこれだ!

2018/08/07
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

税金を滞納しているとい、圧倒的に難しくなってしまうのが資金調達です。融資の申込みをしたとしても資金調達に失敗してしまうケースが珍しくありません。

そもそも税金を滞納しているということは「返済能力がない」ということをアピールしているに等しいことなのです。融資に関しては返済能力がある方にしか実施されません。返してくれる宛もない人にお金を貸してくれる人はいないのです。

だからといって税金滞納中に資金繰りを改善させる方法がないわけではありません。実はいくつかの方法があるのです。その中で自社に最も適した方法を採用することで窮地を脱することが出来るかもしれません。

こちらでは税金滞納中の資金繰りの改善方法をお伝えします。

なぜ税金滞納中は銀行融資を受けられなくなるのか?

・税金滞納中の企業は保証を受けにくいから

銀行融資を受けるためには、保証協会から保証を受けることは一つの条件になっていることが珍しくありません。保証協会としても、保証をしたら弁済をしなければならないリスクを背負うわけです。税金未農業者の場合は支払いを滞納してしまう可能性が高く、結果として保証を引き受けかねる、という状況になってしまうのです。

「税金未納を黙っていたら問題ないのでは?」と思っている方もいるかも知れません。しかし税金未納はバレてしまいます。納税通知書などを審査時に提出しなければならないからです。税金未納であれば納税通知書が提出できません。よって税金未納であることがバレてしまうわけです。

・日本政策金融公庫の融資も難しい

何も銀行融資だけが難しいわけではありません。税金未納時は融資自体が受けにくい状態になるわけです。
中小企業の多くが利用したいと思っている日本政策金融公庫も融資は難しくなってします。

そもそも日本政策金融公庫は国から出資を受けているのです。その国に対して税金を収めていない企業に対して融資を行うことは基本的に考えられません。

税金未納であることがいかに資金繰りにマイナスの影響を与えてしまうかがよくわかったと思います。

税金滞納時の資金繰りの解決法その1|ノンバンクを利用する

・審査難易度が若干低い

ノンバンクも融資の一種ではありますが、銀行や日本政策金融公庫と比較すると審査難易度が低い、といった特徴があるのです。よって税金未納時でも利用できる可能性があります。

一方でなぜノンバンクの審査難易度が若干低めであるかはしっかりと理解しておかなければなりません。

ノンバンクの審査が易しい理由には、

・利用限度額が低い
・金利が高い

というものがあります。
要は貸し出し側に有利な条件となっているのです。

ノンバンクとしてはリスクが低い融資を行っているので、仮に貸し倒れてしまったとしてもダメージが少ないです。だからこそ税金未納の企業であったとしても融資が受けられるチャンスがあります。

また融資スピードが極めて早い、といった特徴もあります。最短即日融資にも対応してくれているわけです。数日以内に資金調達をしたい、という時でも問題ありません。中には最短即日対応してくれるところもあるのです。

・税金未納が問題になり融資が受けられないことも

ノンバンクとしても返済能力は極めて重要です。よって税金が未納であると評価を下げてくる可能性が高いのです。条件の良い融資が受けられる可能性はかなり低くなってしまうので注意してください。

1,000万円を終えるような融資などは基本的には期待できません。数十万円から100万円程度の資金調達しかできないことも十分に考えられます。

税金滞納時の資金繰りの解決法その2|カードローンを利用する

・自業者向けカードローンを利用する

金融機関では個人向けカードローンと事業者向けカードローンを取り扱っています。個人向けカードローンに関しては、事業者向けの借り入れができません。しかし事業者向けカードローンであれば事業者向けの借り入れができるのです。

事業者向けのカードローンはノンバンクと似ているのですが、利用限度額や金利が貸し出し側に有利な設定となっているのです。よって比較的審査難易度が低い、といった特徴を持っているわけです。

事業者向けのカードローンであったとしても、基本的に審査で調べられるのは個人のことです。自身に借金があっったり、借金の滞納がなければ審査に通る可能性が高いので、税金未納時でも利用しやすい、といった特徴があります。

・事業者向けカードローンの注意点

利用のしやすさがメリットなのですが、その利用のしやすさがデメリットにもつながってきます。

カードローンは1度契約をすると利用限度額までは何度でも利用できる、といった特徴があります。ついつい使いすぎてしまう、といったデメリットが有るわけです。

事業者向けカードローンを利用するのであれば使いすぎないように気をつけてください。金利も高く設定されているので、使いすぎてしまうと金利の支払いで首が回らなくなってしまう可能性もあります。

税金滞納時の資金繰りの解決法その3|ファクタリングを利用する

・税金未納時でも利用できた例は多い

ファクタリングとは売掛金を現金化するタイプの資金調達法となっています。売掛金は期日にならないと現金化されません。しかしファクタリングを利用することで期日前に現金になるのです。資金繰りの悪化が差し迫っているような場合にも対応できる方法として大いに注目を集めています。

税金滞納中でもファクタリングが利用できる理由としては、審査対象があります。実はファクタリングの審査対象は自社ではありません。基本的に売掛先となるのです。そもそも売掛金を支払うのは売掛先です。だからこそ業者としても売掛先の審査をメインで行ってくるわけです。

自社が税金未納であったとしても、そもそも売掛金の支払いには関係ありません。それよりも売掛先が税金未納であるほうが問題なのです。売掛先の経営状態によっては審査落ちになる可能性もあるので気をつけてください。

・2社間取引を利用するか?3社間取引を利用するか?

ファクタリングには2つの取引方法があります。
どちらの取引方法を採用するかでも内容が大きく変化してくるのです。

2社間取引の場合は売掛先にファクタリングの利用が通知されません。一方で手数料率が高いです。
3社間取引の場合は売掛先に通知されてしまいます。一方で手数料が低く設定されています。

どちらの取引方法を採用するかはじっくりと決めて判断しましょう。

税金滞納時の資金繰りの解決法その4|リスケを行う

・返済計画を変更する

すでに融資などを受けている場合に有効な対策方法となります。

税金を滞納しており融資を受けているということは、極めて融資が受けにくい状況です。そこで資金繰りを改善させるために少し目線を変えるのです。資金調達をして資金繰りを改善させるのではなく。会社から出ていくお金を減らして資金繰りを改善させるわけです。

リスケをすることで、返済期間を伸ばすことも出来るのです。返済期間が伸びれば1ヶ月あたりの返済金額を減らすことになります。会社から出ていくお金が少なくなるので、結果として資金繰りを改善させることになるわけです。

リスケを行った上で資金が確保できるようになったら税金を支払いましょう。そうすることで新たな資金調達が出来るわけです。

・リスケの注意点

リスケを行った時ですが、追加の融資は基本的に受けられません。返済能力に問題があるからリスケを行うわけです。よってリスケを行ってしまえば、その金融機関からの融資は今後難しくなるでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter