資金繰りの失敗は倒産へ繋がると知ろう!失敗しない方法は?

2017/11/07
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp

資金繰りに失敗すると、倒産の可能性があります。資金繰りに苦労している企業が倒産するのはよくあることですが、資金繰りの方法を間違えてしまったり、うまく回収できない金額が多くなってしまうと、倒産するリスクも高まってしまいます。黒字倒産という問題も最近出ていますので、倒産しないための方法をしっかりと考えておきましょう。

資金繰りのミスは倒産へのカウントダウン

行う方法が制限されてしまったり、行っている方法でミスが生まれてしまうなどの問題で、資金繰りから経営が悪化することも多くなっています。資金繰りの悪化は、当然倒産につながってしまうのですが、それ以外にも資金繰りでうまくお金を得られなくなり、本来受け取れるような金額があるのに、受け取れないまま倒産することも多くなっています。このようなミスが生じているのは、倒産へのカウントダウンがスタートしていることと同じです。
特に売掛金に関連する問題が多くなっています。倒産する可能性が高くなるのは、多くの売掛金を持っている場合に、資金繰りが悪化していく状況です。経営上は黒字とされているのに、実際にはお金が無い状況となっていて、倒産するしかない状態もあります。これが一番厄介なことで、何とかして解消していくこととなるでしょう。
ミスが多くなってしまうと、それだけ資金繰りへの問題が深刻的な状況となってしまいます。なるべく深刻な問題が生まれないように調整しながら、安定している資金繰りを行っていくのが望ましいでしょう。

資金繰りの安定に繋げるための方法は?

安定して資金繰りを作り出すことを考えるなら、借入以外の方法も検討したいところです。ただ、借入以外の方法を検討したとしても、それ以外に問題となる部分があります。
最近はファクタリングを活用して、多くの費用を売掛債権から捻出する方法も採用されています。売掛金を持っていて、債権として提供してもいいと判断されているものは、ファクタリングの会社を経由して資金を得て、最終的に返済すれば簡単に借入も完了します。
この方法を使っても、余計に残されている在庫などが影響して、本来なら利益となるものがそのまま残される問題もあります。会社として、安定している経営を行いたいなら、余計な在庫などは持たないようにしてください。ファクタリングを活用しても、余計な在庫が問題となってしまい、本来なら影響が出ない部分も、結構影響が及びやすくなります。

ファクタリングを活用して倒産を防ごう

ファクタリングを使っていることで、場合によっては事業者が倒産するリスクを減らせるようになります。資金を何とかして提供してもらうことで、ファクタリングの会社から必要な資金を得て、最終的に事業に使うことができるからです。
活用していく場合は、取引先の状況などもしっかり考えてください。自分たちの企業は安定していることがわかっても、それ以外の部分で問題が発生しており、取引先から売掛金が入ってこない状況だと大変です。売掛債権を活用している以上、取引先からの支払いが行われなかった場合は、かなり苦労していくこととなるでしょう。
ファクタリングを活用して、倒産を防ぐような状況を作れるのは良いことですが、注意を守るようにしながら、安定して活用できることを前提に考えることも望ましいです。

ファクタリングは倒産について注意すべきポイントが有る

サービスを活用する時に、一緒に使える方法があるなら、導入しておきたいものです。ファクタリングの会社は、意外と多くのサービスを持っていて、取引先の問題が起きた場合も問題なくファクタリングを終えることができる方法があります。
償還請求権というものが、ファクタリングには含まれています。これが存在している場合は、ファクタリングを活用している事業者が、取引先の倒産によって回収できない売掛金が存在した場合、ファクタリング会社に支払わなければなりません。償還請求権が付けられてないものは、支払の義務は生じません。
活用していく場合には、倒産したときのリスクを考えて行動することも大事になるでしょう。倒産した場合に、様々なリスクが出ていることをしっかりと考えておかないと、様々な問題によって苦労することとなります。

償還請求権の付いているファクタリングを使うべきなのか

償還請求権が残されているファクタリングだと、倒産した取引先が存在している、もしくは支払いが滞っているところがあるなどの問題が生じているなら、当然事業者だ代行して支払いを行うこととなります。これでは、支払いの問題で苦労することとなるので、できることなら償還請求権が付けられていない方法が望ましいです。
ただ、償還請求権が付けられていないもの、つまり倒産しても支払の義務がないものは、手数料がかなり高めに設定されています。手数料の問題は、借入の金利とだいたい同じ状況を生み出しますので、かなり辛い思いをすることとなるでしょう。
償還請求権が付けられているものは、手数料を減らせるメリットを持っていますので、ファクタリングでも倒産する企業が取引先にないだろうと思っているなら、償還請求権を付けてください。もし倒産する企業がいるかもしれないけど、ファクタリングを活用していくことを考えるなら、償還請求権は無いものをお願いした方がいいでしょう。

なお償還請求権は、会社によって付けている場合と付けていない場合があります。説明をしっかり聞かないと、本当に償還請求権が付けられているのか判断できないまま、契約を行ってしまいます。契約した後は取り返しがつかないので、ファクタリングを利用する前に確認を行ってください。

倒産した場合に取られる措置

もしファクタリングを活用している場合に、取引先企業が倒産した場合は、ファクタリングの会社が償還請求権に沿って行動します。
倒産した企業が支払える可能性を持っていませんので、償還請求権が付けられている場合は、当然ですが利用している事業者に対して支払いの要求を行います。支払いができない場合は、ファクタリングの取引が続けられなくなるので、どのような場合でも支払いを行わないとなりません。請求はかなり早い傾向がありますので、倒産している企業が出ている場合には準備が必要です。
複数の会社を経由して行っている場合は、他の取引先で支払いのできる企業があるなら、そちらの売掛債権を優先して回収し、償還請求権を持っている場合には事業者に対しても請求を行う場合があります。どれくらいの会社を経由して行っているのか、ファクタリングでは重要になっていると思ってください。

償還請求権が付けられない場合は、倒産した場合でも支払いは行わなくてもいいですが、初期の手数料が非常に高くなっているので、その分で回収されているようなものと思ってください。

倒産することも考慮してファクタリングを選ぼう

企業の中に倒産するかもしれないと思われているところがあるなら、しっかりと行動して問題のないことを確認しておきましょう。そしてファクタリングのサービスには、償還請求権が存在していることも確認しておくのです。
本当に償還請求権を付けない方法で、手数料を増加させるのがいいか考えてください。ファクタリングは、会社による選択肢が多くなっているものの、サービスを知らないまま利用していることで大きな損害も出ます。正しい知識を持って利用することを考えてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp