資金繰りが大変な時はどうする?新しい手法を検討

2017/11/05
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp
    1. 資金繰りが大変な状況となっていて、このままでは倒産する可能性を持っているなら、新しい方法に変えてしまったほうが良いでしょう。従来までの方法を活用しても、資金繰りが成功する状況にならないので、より安心して行えたり、すぐにでも融資してくれる方法に切り替えたほうが良いのです。いい方法を使っていくことで、資金繰りの安定感が生まれるようになります。

資金繰りが不安定になると厳しい

大変な状況で困っている企業は、大半のケースで借りられない状況が続いている形になります。会社が資金繰りを行いたいと思っているのに、借りられない状況が続いてしまうことで、結果的に借入ができない状況が続いてしまい、事業の展開も厳しくなってくるのです。このまま借りられない状況が続いてしまうと、最終的には倒産の選択肢しか取れなくなります。
大事なことは、資金繰りを安定化させることであり、今まで活用していた方法とは異なるものも実施していくことです。今まで使っていない方法に切り替えたことで、もしかしたら借りられる可能性があります。資金繰りが大変だと思っているなら、今まで使っていた方法から切り替える選択肢も考えたいところです。
不安定になってしまったり、借りられない状況が続いてしまうのは非常に厳しい部分もあります。これからのためにも、安定した資金繰りを作り出して、もう1度会社の安定性を作り出すことが企業に求められます。

資金繰りの方法を変更する場合は

これまで利用していた方法とは異なるものに変える場合、資金繰りの手法をしっかり考える必要があります。今まで使っている方法とかなり異なるやり方に変わりますので、常識が変わってしまうからです。安定している方法を採用できるなら、会社の負担は小さくなるので、安定する状況を作れるかもしれません。
まずはどのような方法が用意されているのか確認した上で、次に資金繰りに関連している情報を調査します。本当に安定している企業が提供していて、利用しても問題が起こらないのか確認しておきます。問題が起きるような方法と判断できるなら、また別の方法に切り替えるなどして、不安定な状況を作らないで借りられる状況にします。
変更する方法を決められたなら、後は審査を受けて融資を行ってもらいます。融資をしっかりと出してもらえるようになれば、資金繰りの大変な状況からはひとまず開放されるようになり、事業展開や給料の支払いも行いやすくなるでしょう。

これから取るべき資金繰りの方法

従来までの方法で採用されているのが借入で、多くの会社が使っているのは間違いありません。ただ、借入を行っている方法は、多くの金額を返済できていないなど、問題が起きれば使えなくなってしまいます。新しい方法として使われるのが、売掛債権によって資金を得られるファクタリングです。
ファクタリングを活用すると、売掛金を持っている時点で融資が受けられます。出ている売掛金の金額をファクタリング会社が購入する形で資金を提供して、売掛金が入金されたらそれをファクタリングに渡すだけという、簡単な方法でお金を得られます。借りている期間が短いことに加えて、売掛金はほぼ確実に得られるものと判断されているので、安心して使える方法となります。
徐々にですが、ファクタリングを使うサービスをは資金繰りに活用されて、多くの会社で利用されています。信頼性も高くなっていくと同時に、会社の比較が可能になったことで、大変だった情報の整理も行いやすくなりました。

ファクタリングを活用するならここに気をつけよう

これから活用したいと思っている場合に、気をつけなければならない点がいくつかあります。ファクタリングは、使っている企業に大きな負担が起きてしまう可能性を持っていますので、単純に利用すれば良いわけでもありません。しっかりと確認しておきましょう。

手数料が膨大になる可能性を持っている

金融機関からの借入なら、手数料は金利によって提示されているのですが、金利が小さければ良いだろうと判断できます。ファクタリングの場合は、手数料が金利などの代わりとして設定されていますが、その数字が会社によってかなり大きくなっているのです。相当大きな金額を支払う可能性を持っているので、負担が大きい場合には気をつけてください。
10%を超えるような手数料を出されることも多くなっていますが、これは取引している企業が倒産する場合に、ファクタリングの会社がある程度の利益を得たいと思っているからです。利用している会社側に請求しない場合は、手数料の数字を高めるようにして、手数料だけでも利益にしたいと思っているのです。
小さい手数料としている場合は、倒産した時に支払対象が変わる方法を取っています。数字が小さければ小さいほどいいのは間違いないのですが、ただ小さいだけで決めるのではなく、手法などもしっかり確認してから契約しておきましょう。

ファクタリングの売掛金が足りなくて資金不足に

もう1つの注意点は、売掛金の金額が融資の金額となることです。ファクタリングを提供している会社は、売掛金を購入する形で資金提供を行います。資金繰りに活用している場合は、売掛金の数字が高ければ高いほど、得られる金額が多いものと考えてください。あまりにも小さい金額だと、求めている金額に達成しないことがあります。
ファクタリングは、売掛債権によって行われる取引です。借入によって提供されている融資ではありませんので、当然ですが大きな売掛金が必要です。大きな売掛金が得られない場合は、希望している金額に到達しない可能性がありますので、他の取引先と持っている売掛金も出せるようにしてください。
出せる売掛金が多ければ、数千万円クラスの融資も受けられるようになります。売掛金によって左右される取引だと思って、思い切って多くの融資に対応できる形を採用してください。

ファクタリングは審査が早いので準備も

金融機関と異なる部分として、ファクタリングは審査基準が違うことと、早く審査を行えるようにしています。審査が早く実施されることで、かなり早く融資を受けられる可能性もあります。早い審査を受けられることを考えると、電話連絡などの準備もしておきたいですし、対面の契約となれば印鑑などを全て用意してから訪れるようにしましょう。
資金繰りで困っていて、すぐにでも融資を必要としている場合に、ファクタリングは活用できます。注意点をしっかり守って契約を行えば、返済などの問題も苦労しなくなるでしょう。不安定な方法で行っているわけでもありませんから、審査の準備を丁寧に行って、その日のうちに完了させようという気持ちで進めても大丈夫です。

大変な資金繰りをファクタリングで解決

売掛金を持っているなら、ファクタリングで資金繰りが完了する可能性もあります。これまでの借入と違って、借金の額が多くなってしまっている場合でも、ファクタリングは売掛金を持っていることで融資が受けられる可能性もあります。
取引先の信頼性も求められていることですので、できることなら信頼できるような会社の売掛金を出すようにしてください。信頼できない場合は、倒産のリスクなどによって、支払いが突然厳しくなる可能性もあります。ファクタリングにもデメリットは少し残されているので、リスクを知ってから行動してもいいでしょう。
困っているなら、資金繰りをファクタリングに変えて、短期間だけ借入をしているような状況に変えてみれば、意外と会社の安定は得られるかもしれません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp