資金繰りの悪化は倒産へ!ショート前に取りたい方法は?

2017/11/01
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

資金繰りの悪化によって、倒産する可能性が会社にはあります。倒産してしまうと、全てが終わってしまうものと考えていいでしょう。そのような状況を避けるために、できることが会社にも多く存在しています。なるべく安定させられる方法で、資金ショートを避けるようにしましょう。ショートしてからでは遅いので、先にできることを実施していくのです。

資金ショートは倒産に繋がる

資金ショートというのは、資金がなくなってしまい、融資なども受けられないことで企業としてどうしようもない状況です。このような状況となってしまった場合は、資金ショートを解消しない限り事業を展開できません。ショート前に資金を借りている会社も多くありますが、借入ができない状況となった場合は、当然資金繰りの悪化が原因で倒産します。
倒産してしまうと、多くの人や会社に迷惑をかける事となります。そうした状況は絶対に避けたいものですし、企業として存続させることも重要になりますから、様々な方法を検討し、資金を得ていくことも大事になるでしょう。

資金ショートに陥る原因

基金ショートが起きてしまう理由は多くあります。特に気をつけたいところを紹介します。

ショートの原因1:売掛金が入らない

本来なら、売掛金が入って企業は利益をしっかり得られているのですが、取引先の企業が売掛金を支払わないことで、予定していた金額が得られなくなった場合が大変です。売掛金が入らないことがわかると、資金が足りなくなってきます。
足りない状態で何もしていないまま放置していると、資金ショートに陥ります。何もなくなってしまえば行動できなくなってしまいますし、売掛金を得ようにも取引先との連絡ができないなどの問題から、得られない状況になってしまいます。
この状態はかなり多いとされているので、売掛金の管理を徹底することが重要となりますし、売掛金に関連する様々なサービスも経由しながら、資金を増やしていく方法も活用したいものです。

ショートの原因2:業績の悪化で売上が低迷

業績が今まで通りに進んでいるならいいですが、業績の悪化が発生するようになると、資金繰りが難しくなってきます。負債も増えていくようになり、債務超過に陥ってしまう場合もあるでしょう。
業績悪化で売上も伸びなくなり、売掛金を得てもどんどん損失が計上されるようになってくると、最終的にお金を得る方法が使えなくなってしまい、資金ショートの状況が起きてしまいます。

ショートの原因3:余計な設備投資

設備投資を行っている場合は、多額の資金を活用していることとなります。借入などによって、安定させてから利用している場合も多くなっていますが、余計な設備投資を行っていることで、資金ショートが起こってしまいます。
本来必要のないものに使ってしまうなどの問題があれば、一気に資金が失われてしまうので、会社の経営が悪化してしまいます。安定している企業なら、設備投資を行っても問題はありませんが、あまり安定していなくて、ギリギリの状態で経営を続けていると、設備投資が原因による資金ショートは起こりやすくなります。

ショートの原因4:上層部の変化による問題

会社の経営を担ってきた人が変わってしまった場合、もしかしたら影響がかなり及んでしまい、資金ショートに陥る可能性があります。特に財務に関連している人が退社することになった場合、銀行からの信頼が失われる問題が起きてしまいます。
信頼されるような状況を作っておけば良いのですが、信頼できないと判断される状況に陥った場合は、資金ショートが起こりやすくなります。これは借入ができなくなることで、事業を展開しづらい状況も同時に起こってしまうからです。

資金ショートを避けるためにある方法が効果的

一番多くなっている、売掛金が入らない状況については、ファクタリングを活用していることで解決します。残されている売掛金を活用して、ファクタリングに関連する企業に相談し、融資を行ってもらいます。早い段階でお金を得られるようなら、事業を展開しやすくなりますし、資金ショートの可能性も大幅に減ります。
ファクタリングを使っていることで、売掛金によって資金を得られるようになり、資金が完全になくなってしまう状況からは開放されます。更に借入などの方法ではありませんので、既に借りている会社に更なる要求を行って失敗したり、審査に落ちてしまうような状況も減らせるようになります。
多くの企業が、ファクタリングを活用するようになり、資金ショートも減らされることとなりました。黒字倒産などの問題も減りつつあり、ファクタリングを有効活用していることは、資金繰りを安定させられる可能性があります。

もし資金繰りが悪化しているなどの状況で、資金ショートが起きそうな状況であれば、現時点で残されている売掛金を活用してファクタリングを行ってください。ある程度の金額は出してくれる可能性があります。

ファクタリングを使うなら早く融資を

倒産に近づいているような状況で、少しでも融資を早く行ってもらいたいと思っているなら、早く融資を受けられる方法を取りましょう。ファクタリングは、当日中に融資を受けられる方法として活用されていますから、場合によってはすぐにお金を使えるようになります。
当日中の融資を受けるためには、対面による契約が重要になるでしょう。郵送による契約は確認作業に時間がかかってしまうので、かなり融資までに時間がかかります。遅くなってしまうと、資金ショートの可能性は残されたままです。ファクタリングを使う場合は、早めに準備を行ってお金を得る方法を取りましょう。
もし融資が遅れるような状況を作った場合は、遅れてしまう日数分だけ、会社として存続できる状況となるのか考えてください。資金繰りが他の会社から行えるようになっていたり、数日以内に振り込まれる売掛金があるなどの状況であれば、問題なく待つことはできるでしょう。

返済は売掛金で行えばいいので問題なし

手数料で少し増やされる問題点はありますが、売掛金が残っていれば返済はかなり楽になっていきます。売掛金を買い取ってもらう形で資金を提供し、取引をしている企業から入ったお金で支払うのがファクタリングです。支払いが遅くなるような状況じゃなければ、安心して返済も可能になるでしょう。
売掛金を支払ってくれる企業によっても変わっていきますが、支払いが正しくできているような状況になっていれば、問題なく返済は完了していくことでしょう。不安定な状況さえ作らなければ、ファクタリングの支払いは難しくありません。資金ショート解消には、非常にいい方法と考えられるのです。

ショート前に何ができるか考えよう

資金繰りの悪化で倒産したくないと思っている場合は、とにかく資金をショートさせないようにする工夫を取ってください。ショートさせるような状況を作ってしまうだけでも、相当な負担を出してしまうのは間違いありません。ショートさせないようにするには、他の企業との交渉も大事になっていくでしょう。
ファクタリングは、現時点で売掛金が残っている状態で、資金ショートに近い状況を生んでいる場合でも、助けてくれる可能性が非常に高いです。困っている時に支払いを受けられる可能性を持っていますので、気になるなら相談してみましょう。持っている売掛金によって、ファクタリングが企業を助けてくれるのです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter