資金調達の契約を行うには?調達後の問題点も理解しよう

2017/10/25
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

資金調達は、契約を行って資金を提供して貰う方法です。いきなり現金で渡されることはありませんので、契約書を作成してもらい、その契約書の内容に沿って融資を受ける形になります。契約の方法について多少違いがありますので、しっかりと確認して間違いを減らせるようにしましょう。

大半は振込の形式を採用していますので、振込先の口座をしっかり作っておかないことには、間違いが生まれる可能性もあると思ってください。

資金調達の契約までに行うこと

 

 

資金調達は契約までに会社行わなければならないことが多くあります。契約したいと思っている場合でも、確認作業をしっかり取らなければ意味がありません。そして契約する方法などをチェックして、最終的に選べる方法を理解していく必要もあるでしょう。

作業1:会社を決定する

資金調達を行うためには、契約する貨車を決定します。最初に問い合わせを行って、どのような方法で融資を受けられるのかしっかり話をしておけば、問題なく契約について考えられるようになるでしょう。

問題は、審査を通過できるかどうかです。資金調達を考えている場合は、金融機関だと審査を通過する必要があり、それ以外の場合でも融資して大丈夫なのか判断されます。融資を受けられるような信頼性を持っていないことには、会社として融資を受けられない状況になっています。

決定するための手法としては、審査を通過しやすいのか、借りられる金額が必要な事業資金に到達しているのかなどもチェックしてください。少ない金額なら、事業用ローンなどでも対応できますが、高額な借入は銀行からの融資などを受けることになるでしょう。

作業2:申し込みに必要な書類を手に入れる

次に考えていくことは、申し込みに必要な書類を手に入れてください。ここでは作成しなければならない書類もありますので、会社として準備が必要と判断しているなら、速やかに準備を行ってください。必要な書類が不足していると、申し込みができないままとなります。

金融機関や融資に必要な会社は、融資を希望している企業の情報を提供してもらいたいと思っています。審査を通過するためには、必要な書類によって情報を提供して、融資の判断を受けやすくしていくのです。

必要な書類の準備不足によって、審査に落とされてしまうケースもあります。資金調達を実施する際には、会社の事業について説明したり、決算などの書類を出すことによって、融資を受けられる環境を作ります。

作業3:返済のリスクを理解する

増資という形ならここを無視しても構いませんが、資金調達を行っていくなら、返済のリスクを理解しなければなりません。返済したいと思っている時に、金利が相当高い状態となっていて、返済が困難になっているのは避けたいところです。金利面での比較を最終的に行って、返済のリスクについて考えておきましょう。

ファクタリングの場合は、返済というより手数料の概念について考えて、手数料の高い状況になっているなら考え直したほうが良いでしょう。返済にかかる時間も結構迫っていることを踏まえると、ファクタリングは契約内容をしっかり確認すると同時に、必要とされている日数などを比較によって、資金調達から返済までを考えていく必要があります。

返済できなかった場合は、資金調達を行って事業を展開できても、最終的に倒産という手法しか使えなくなってしまいます。本当に事業を成功させたいと思っている時は、返済までに必要な時間や方法、更にはリスクについて正しく理解する必要もあるでしょう。

資金調達の契約を結ぶ

 

 

資金調達の契約を結ぶこととなった場合は、手順をしっかり理解して行動しましょう。そして間違えている方法で契約しないように気をつけてください。意外と間違えて行う会社も出ているので、資金調達の手順についての間違えは避けましょう。

契約の手順1:会社に契約したいことを告げる

金融機関やファクタリング会社、更には個人の投資家などに依頼を出して、会社の資金調達に協力してもらえるようにお願いします。金融機関の場合は、融資を受けたいと思っている旨を提示すれば、必要な社員が説明を行ってくれます。説明を聞いた上で、利用しやすい融資だと判断できるなら、契約を考えていきましょう。

契約したいことを告げると、必要な書類について提示されます。金融機関等が持っている書類もありますので、書類を再度記入しなければならない場合もあります。1度持ち帰って必要な書類を確認して、記入が終わったらもう1度訪れる形になります。

契約したいことを告げて、必要な書類の準備が完了していると判断できれば、審査が実施されます。審査の時間は会社によって異なりますし、高額な融資となるとかなり負担が大きくなってしまいます。ただ、融資を受けたいと思っている会社を、説明の段階で排除する金融機関はありません。業者としては、依頼を出してくれる人はありがたいと思っているからです。

契約の手順2:審査を通過したことを知る

審査が完了した場合に、電話による連絡が入ることも多くなっています。個人用のローンやクレジットカードでも、電話による連絡が入るケースは多くなっていますが、事業用の契約となれば電話連絡は基本です。金融機関やファクタリングに関連する会社、更にはローンを提供する業者などの連絡は、しっかり受けるようにしてください。

審査を通過できなかった場合、ハガキなどで通知されることもありますが、電話による通知もあり得ます。電話の時点で通過していないことが判明した場合は、他の会社に依頼を出すこととなり、再び契約の手順1に戻って作業を行うこととなります。

審査を通過した場合は、正式に契約するために必要なものを持って訪れてほしいと告げられます。時間が設定されることもありますので、時間が決められている場合は間違えないように注意してください。印鑑が絶対に必要となりますので、必ず持っていきましょう。

契約の手順3:正式に契約して融資を受ける

用意されている書類には、融資受ける際の契約が書かれています。会社によって多少異なりますが、返済されなかった時の対応などが書かれていますので、必ず全ての文章に目を通してください。見ていないことがわかって、後から問題になるのは避けましょう。

資金調達の最後の手順として、契約書にサインして融資の契約を結びます。印鑑を押して、必要な書類が受理できる状況となった段階で、融資契約は完了となります。

後は金融機関などが、タイミングを見計らって融資を行ってくれます。振込によって大きな金額が入っていますので、事業用の融資を受けられた段階で、貨車として希望している方法でお金を使えるようになります。

契約上のトラブルを避けよう

 

 

契約を結んだとしても、内容を見なかったことによるトラブルが起こりやすいです。契約書を読んでいなかったとか、サービスを理解しきれていないなどの問題は、貸している会社としても厄介な問題となります。

契約上のトラブルが起こらないように、文章の確認をしっかり行うようにしてください。相手側にわからないところは質問して、トラブルが起きないように最大限に努力することも大事になります。

個人的に困っていることなど、意外と苦労するポイントは説明されない可能性もあります。個人で不満に感じているところ、気になるところはすぐに質問して、回答を得るようにしてください。

資金調達にかかる時間はどれくらい?

 

調達したいと思っている時に、どれくらいの時間がかかるのか知っておくことも大事になります。実は最短で当日中に融資を受けられる可能性があり、資金調達を完了できる可能性があります。

当日中に借りられるのは、ファクタリングとカードローンです。ファクタリングの場合、会社によって異なる手法を採用していますが、当日中に資金調達を行える可能性を持っています。カードローンの場合は、小規模な融資にしか使えませんが、午前中に申し込みをしていることで資金調達を即日で行なえます。

事業用ローンや金融機関の融資、公的融資制度については、最大で1週間程度必要になります。待たされる可能性が高くなっていますので、資金調達でもゆっくり行いたい方、リスクを抑えて利用したい方に使われています。計画を立てるようにして、融資を受けた後にどのような処理を実施するかが重要になります。

なお個人に貸して貰う方法であれば、最短で当日中にも行えます。ただ、貸してくれと言われて、すぐに対応してくれる人はあまり多くありません。個人の投資家など、相当長く交渉をしていかないと、そもそも融資をしてくれない人もいますから、短時間で個人から資金調達を行うのは難しいでしょう。

資金調達に成功した後も計画が大事

 

 

資金調達が成功し、必要な融資を受けられるようになった場合でも、計画を立てて進めることが重要になります。

そもそも資金調達を実施した段階で、何に利用していくかは決めていることとなりますが、調達した資金をどのように活用して、事業を進めるのかはよく考えることになります。進める方法を間違えてしまうなどの問題で、余計な費用を使わないようにしましょう。

計画通りに進めて、しっかりと資金を活用できて、事業を展開できているなら、後は利益が振り込まれていくのを待つだけになります。どんどん利益が出てくるようなら、思っていた事業は成功していることになります。

一方で失敗している場合も当然あります。失敗しても返済は考える必要がありますので、失敗した時の想定まで一応考えておきます。全て成功するだろうと思っているのではなく、様々な失敗を想定した上で、資金調達後の計画を実施してください。特に大きな事業に失敗して、思っていた以上に利益が出てこないように感じているなら、まずは失敗している原因を確認し、少しでも利益を得られるように軌道修正を図ることとなるでしょう。

資金調達を完了させるために

 

資金調達を完了させるのは、返済がすべて終わってからの話です。1つの資金調達を完了させるには、借りている金額を全額返して、融資契約を終えることになります。返済に方法は多々ありますが、どのような契約でも返済の遅延は問題となり、返済されなかった時の対応は厳しいものがあります。

一括で返済する方法

 

1つの方法として、一括で借りた金額を返済します。かなり難しい方法ですが、ファクタリングでは採用されているので、一括で帰す場合はしっかりと返済してください。

売上の多い事業に成功しているなどの理由で、かなり安定して資金が残されているなら、融資を受けた会社に連絡して、返済を早めたいことを告げてください。対応してくれるケースは意外と多くなっています。

分割して返済する方法

 

大半のケースがこちらです。分割して返済を進めるようにして、最終的に0円になったら完了という形です。リボ払いもこの中に含まれています。

利息によってどんどん元本に影響が出てきますので、返済できる金額が多ければ多いほど、返済が早く終わって支払額も減らせるようになります。会社の経営が思ったほど順調に進んでいない場合は、分割の方が安心できるでしょう。

返済期間内に全て返済する方法

 

 

最後に、返済期間内であれば自由に返済してもいい方法があります。あまり取られませんが、個人に借りている場合は利用できる可能性を持っています。

契約している期間の間に返済を完了させておけば問題はなく、一定の金額を積み増しした状態で返しておきます。場合によっては、親族などが無利息で貸してくれることもあります。

期間が設定されていることを踏まえて、間違えないように心がける点と、返済できない場合のリスクが他と同じであることをしっかり考えてください。あまり取られる手法でもないので、利用する場合は確認が必要です。

資金調達は準備と返済が終わるまで考える

 

1つの資金調達には、準備期間が設けられていること、そして返済を行っていく期間があることをしっかり理解してください。全ての手順が完了して融資を受けても、最終的に調達した資金は会社に返すこととなりますので、当然負担は調達後も残されているのです。

返済できないような計画を作らないことと、事業内容を明確にして、信頼して借りることも忘れないでください。貸してくれる側は、信頼して資金調達に応じてくれているので、計画通りに進まなかったという理由を作らず、進まない場合の対処法まで計画しましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter