経営者なら絶対抑えておきたい資金調達の仕方と方法

2017/10/28
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

資金調達は、会社を運営していく上では重要になります。運営するための資金を持っていなかった場合、会社を経営していくのは難しくなり、倒産の危機に陥ってしまいます。

どのように調達していくのが望ましいのか、そして調達していくための方法について知っておくことが、資金調達を確実に成功させる近道となります。

資金調達の必要性

 

 

会社は運営するための費用を確保しなければならないので、必要な資金を準備します。資金を提供してもらえる方法はいくつかありますが、個人の持っている資産で運営してくのは、会社では厳しい傾向にあります。

資金調達を行って、他の会社から借りていく方法が一般的で、会社では多く採用されています。借りることで事業を展開して、大きな売上を作っていくことにより、より会社の利益を増やしながら、大きな会社として展開できるようになります。

調達ができなかった場合は、行いたいと思っている事業が展開できないままとなります。つまり展開したいと思っていた事業がうまくできなくなってしまい、利益を追求できなくなってしまいます。

資金調達を考えている方にとって、必要な資金を得られる方法がなければ、会社としてもいい仕事ができなくなっていくと思ってください。大きなお金を借りたとしても、返済ができるように仕事や事業を進めていくことによって、普通に返済できる状況も作れるのです。

資金調達は信頼性が重要に

 

 

行いたいと思っている資金調達ですが、信頼性が重要になってきます。必要なものとわかって入るものの、会社としての信頼性がなければ、お金を融資してもらえる可能性は相当低くなってしまいます。会社として健全な運営を行っていることに加えて、成長性なども重視されることがあります。

信頼されないというのは、貸したお金が返ってこないのではないかと思われています。会社としては、貸したお金を返してくれることが重要になり、貸している金額の利息で利益を得ていくような形を取ります。つまり返済されないことは、貸している側にメリットがありません。

信頼性がないと思われているなら、相当厳しい状況となるのは間違いありません。これから借りたいと思っている企業にとって、信頼性を求めて会社の運営を行うのは当然となります。特に借り入れの審査が厳しくなっている会社の場合は、信頼性がなければ相当厳しいことになり、審査すら通過できなくて資金調達の方法が制限されてしまいます。

資金調達の手法は

 

 

信頼性を確保できたとしても、次は資金調達の手法について考えていかないと駄目です。行っていく方法によって、資金調達に成功する場合と、失敗する場合があります。

行える方法は多岐にわたっています。会社として選択肢が多くあるのは良いことですし、利用できる会社が多くなっていればより安心できる状況になるのは間違いありません。ただ、使える会社がどれだけあるかによって、会社が使える選択肢は大きく変わっていくことになります。

大半の場合は、銀行から融資を受けるなどの方法で終わらせていますが、それ以外の手法も用意されています。資金調達に関連する項目を知っておくことで、これから多くの金額を借りられて、事業を展開できるように考えておきましょう。

資金調達の手法1:公的融資制度

最初の方法は、公的融資を受けるものです。公的融資には幾つかの種類があり、国からお金を借りることによって事業を展開できるようになります。この方法を使う場合のメリットは、利息の支払いが抑えられることで、国としては返済によって利益を得るのではなく、事業を展開してもらって税金で収めてもらいたい狙いがあるためです。

公的融資制度を活用する場合は、とにかく審査が厳しいことで知られています。審査の難易度は一番高いとされているので、公的融資制度を活用するなら、ある程度審査の厳しさは覚悟してください。中途半端な理由を並べたとしても、審査を通過できる可能性は極端に低くなってしまいます。

国からの融資を受けることで、大きな金額を借りられる可能性もあります。しかも設立したばかりの会社でも借りられるチャンスがあり、行っていく事業内容によっては信頼性が多少低くても、公的融資制度なら貸してくれる可能性を持っています。起業したばかりの状態なら、公的融資制度が一番使いやすいでしょう。

資金調達の手法2:金融機関から借りる

次の方法は、金融機関から借りる方法です。一番多くなっているもので、大半の場合は銀行から借り入れを行って、資金を調達します。資金として融資を受けて、その代わりに金利による利息を支払うことになりますので、返済のリスクは多少高くなっています。

金融機関も、審査基準が厳しいとされています。審査を通過するためには、会社の信頼性が最も重要視されて、安定性を持っている会社であることも重要になっています。会社を設立したばかりだと、信頼性が全くありませんから、借りられる金額に制限が加えられ、思ったほど融資を受けられない、もしくは審査に落とされることもあります。

借りられる金額は多くなっていて、資金調達としては使いやすいです。ある程度慣れている会社や、経験豊富で信頼性の高いことがわかっている会社であれば、融資を受けることはそこまで難しいものではありません。金融機関は、信頼性が高いと思えば、資金の融資に協力的な立場を取ってくれます。

資金調達の手法3:個人の投資家にお願いする

これはあまり使えない方法です。個人の投資家に、会社の資金を提供してほしいとお願いして、資金を融資してもらいます。投資家の場合は、株式によって提供してもらう方法が多くあり、株を大量に発行して増資という形で融資を受けるか、個人的に借入の契約を行っていく形です。

個人の投資家は、会社の成長度を重視する傾向がありますので、成長しないと思われている会社には融資を行ってくれません。しかも投資家というのは、かなり大きな利益が出ないと協力してくれない傾向があります。投資家を利用する方法は、大手の企業でさえ難しい方法となります。

株式を発行した場合は、議決権を与えることになります。大量に株を発行している場合は、事実上の経営権を掌握されるなどの問題も発生するので、思っていた以上に経営に苦労する場合もあります。個人投資家を利用する場合には、双方が同意できる案を出して、融資を受ける必要があるでしょう。

資金調達の手法4:ベンチャーキャピタルを活用する

 

ベンチャーキャピタルのように、融資を行っている企業もあります。ベンチャー企業に対して出資するような方法を持っていて、2つの手法を活用して資金を提供しています。ベンチャーキャピタルは、ある程度成長するだろうと思われる会社を中心に、資金提供を行って見返りを受けています。

方法には、株式を発行して増資による融資を行う方法があります。株式を発行して、公開させて買い付けを進めさせるのがベンチャーキャピタルの方法です。株式の公開に応じないなどの理由をつけると、ベンチャーキャピタルは融資を断る傾向にあります。

他にも借入の方法が用意されています。ベンチャーファイナンスという手法を活用して、お金を融資して貰える方法もあります。こちらの場合は安定性と信頼性があれば、一応借り入れが可能としていますが、ベンチャーキャピタルは借入での提供はあまり行わない傾向にあります。大半の場合は、株式を発行して購入させて、多くのメリットを得られている段階で売却し、ベンチャーキャピタルが利益を得ていく方法です。

ベンチャーキャピタルは、議決権を持っている状態で会社の経営に関与する可能性もありますが、ある程度株の価格が上昇して、提供した資金分を回収できると判断している段階で売りに出します。最終的に株の配当を出す必要はありますが、ベンチャー企業に対してはかなり有効な方法です。

資金調達の手法5:助成金や補助金の活用

自治体から出ている助成金や補助金を活用して、資金調達を行う方法もあります。しかし、助成金や補助金は、当然受けるために必要な書類を出すことになります。書かれている内容などに問題が生じていると判断されれば、助成金を提供してくれません。

金額は制限されていて、多くの金額を期待できません。助成金は、会社の運営をサポートしてくれる程度の金額なので、他の資金調達も併用しなければなりません。多少資金面での安定感が生まれてくると考えてください。

助成金などは、返さなくても良いメリットがあるので、場合によっては使いやすく感じるでしょう。

資金調達の手法6:ローンの活用

ローンと言っても、非常に多くの方法が用意されていますが、大半の場合は事業者ローンを活用します。カードローンでは、会社の事業に必要な金額を確保できないからです。事業者ローンの場合は、1000万円クラスの融資も期待できるようになります。

ローンのメリットは、審査基準がそこまで厳しくないことで、会社の経営を始めたばかりの状況でも、借りられる可能性があります。事業者ローンを運営している会社は、そこまで審査を厳しくすることはせず、とにかく貸すことを前提に考えています。つまり借入は行いやすくなっているのです。

その一方で、金利の面ではかなり厳しい傾向があります。金利による利息の発生は相当大きなものとなっていますから、大きな支払いを続けることもあるでしょう。場合によっては、返済する金額が相当多くなって、会社の経営を圧迫するなんてこともあります。

資金調達の手法7:家族などから借りる

起業したばかりの状況で起こりやすい方法です。親族などにお願いして、会社に必要な資金を融資してもらい、将来的に会社の経営に成功しているなら返済するという方法です。この方法は有効ではありますが、親族によっては嫌な思いをされてしまいます。

経営が悪化している状態でお願いするのはほぼ不可能で、悪化している場合だと倒産などを勧められることもあります。利用する場合は、説得と見返りをしっかり提供しなければ、成功しない方法となります。

資金調達の手法8:ファクタリングの活用

ファクタリングは、ここ最近になって増えている方法です。会社を経由してお金を借りて、ファクタリング会社が最短で融資を提供してくれる方法となります。かなり早い時間で提供されることと、手数料という概念さえ守れば、支払額を調整できるメリットを持っています。

活用するためには、会社がどのような事業でどれくらいの金額を必要としているのか、しっかりと提示する必要があります。ファクタリング会社も、審査は行って最終的な判断を行っています。審査結果で駄目だと判断されれば、当然資金調達は行なえません。

契約の際は、対面で行うのが基本とされています。ただ、対面ではなく郵便で行われる可能性もありますので、方法についてしっかり考えることが重要になります。出来る限り対面でお願いすることが必要となるでしょう。

資金調達の手法を選ぶ時のポイント

 

 

資金調達を成功させたいと思っているなら、まずは融資を受けるタイミングです。かなり待たされてしまうような状況なら、融資を受けるまで事業を展開できず、利益を確保できません。早く融資を受けられる方法が望ましいです。

次に審査をクリアできるかという話になります。審査基準厳しい資金調達は、審査に落とされて融資を受けられず、何度も資金調達の審査を受けることとなります。あまりいい状況にならないので、できることなら資金調達の審査をクリアしやすく、基準に合わせて考える必要があるでしょう。

最後に返済する時のリスクを減らせるかどうかです。資金を得ている場合でも、返済しなければ相手の会社に失礼です。調達した資金をどのように返していくかも重要になっていますが、同時に返済によって会社が支払う金額がどこまで増えるのか検討することも大事になります。

資金調達をよく考えて正しい知識で行動を

 

資金調達は、成功するかどうか微妙なところもありますし、なかなかいい融資を受けられなくて、将来的に返済の問題で苦労する可能性もあります。いい会社から融資を受けると同時に、方法についてもしっかり検討しましょう。

特に資金調達が早期に必要で、事業の展開を早めたいと思っているなら、早く融資を受けられる方法を取らなければなりません。融資に時間がかかってしまう会社を使うよりも、早く行ってくれてすぐに活用できる会社が望ましいのです。活用できる方法を全て考えて、早くて多くの融資を受けられるように考えましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter