大阪で資金調達するならコンサルタントを頼るべき?

2020/10/20
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

商いの町である関西最大の都市・大阪には、大手企業だけではなく中小企業の本社も数多く存在しています。

大阪も新型コロナウイルス感染症の影響により、事業を継続するために欠かせない資金調達がスムーズにできないことに悩んでいる経営者もいることでしょう。

予期せぬ状況にどのような方法で資金調達し、資金繰りを改善させればよいか考えていかなければなりませんが、経済が盛んな大阪だからこそできることも多くあるはずです。

そして大阪はせっかちというイメージもあり、会社の資金調達に時間をできるだけ割きたくないということもあるようです。

それらを踏まえて、大阪で資金調達の問題を解決するためには、コンサルタントなどに相談したほうがよいのかご説明します。

 

大阪の経営者が抱える資金調達の悩み

企業経営を続ける上で、大阪に限らずどのエリアの経営者でも様々なことに悩みを抱えています。

中でも資金調達円滑な資金繰りに欠かすことができないことですが、次のような問題を抱えていることが多いようです。

  • ・すでに債務超過であり銀行からの融資を受けることができない
  • ・どの金融機関に相談すればよいかわからない
  • ・そもそも銀行融資で資金調達することが最適か判断できない
  • ・希望する金額を資金調達できない(融資可能額が希望金額に届かない)
  • ・複数の金融機関に資金調達の相談をすることはマイナスになるかわからない

他にも銀行から融資を受けたいけれど、事業計画書をどのように作成し、交渉や駆け引きを重ねていけばよいかわからないという悩みもあるでしょう。

このような悩みの相談に応じてくれるのが資金調達のコンサルタントであり、大阪にもたくさんのコンサルティング会社が存在しています。

 

経営者が資金調達をする場面とは

決算書が赤字だけれど資金調達が必要なときや、そもそも事業資金に困っていて資金繰りが苦しい場合、どのような方法でお金を準備すればよいのでしょう。

大阪は商売が盛んな街なので、資金繰りに関する悩みもより大きくなると考えられます。しかし解決するために必要なのは経営者の決断であり、単に悩み続けて何も行動しなければ明日にも状況はより悪化すると留意しておくべきです。

時間が経過した後で、あのタイミングでもっと早く相談しておけばよかった…と後悔しないためにも、資金調達を専門とするコンサルタントに相談することも方法の1つです。

企業の経営者は、営んでいる事業の業種には精通しており、その道のプロでしょう。しかしお金の調達方法を知り尽くしているわけではないですし、必要とする資金を準備する方法にどれを選べばよいか独自に判断できるとはいいきれません。

顧問になっている税理士などに相談することもあるでしょうが、税理士も得意とする分野が異なるため、かならずしも事業資金や事業計画の相談までできるとは限らないといえます。

しかし資金調達を専門とするコンサルタントなら、高い知識やこれまでの実績などによって、目的に応じた資金調達方法を提案してくれることでしょう。

 

大阪という地元に精通しているコンサルタントが安心

資金繰りや資金調達、事業再生などで悩む大阪の経営者は、まずコンサルタントに無料相談などで問い合わせてみてはいかがでしょう。

金融機関出身の担当者がおり、大阪という地域の状況に詳しいところなら適切なアドバイスをしてくれるはずです。

忙しい経営者にとって、資金調達の計画は手間や時間がかかり面倒です。その中で銀行など金融機関と交渉し成功させるためには、説得力のある事業計画書の作成に加え、資金計画書なども必要になります。

実際、営業から資金繰りまですべてを経営者が行わなければならない中小企業も大阪には少なくありません。

そのようなときにこそ手間を省くため、コンサルタントに相談すれば独自のネットワークで様々な専門家と連携し、もっとも適した方法を提案してもらえます。

ただし多忙な経営者に代わり、意向に沿った方法を提案し、資金調達を成功させてくれるコンサルタントを選ぶようにしましょう。

 

大阪府で支援してくれるコンサルタントを選ぶなら

なぜ経営者だけで資金調達を成功させ、資金繰りを改善させようとしてもうまくいかないのでしょう。

それは多くの企業が、銀行など金融機関がお金を貸し出すことを決断するために必要なポイントの理解ができていない可能性があります。

もしポイントを正しくとらえることができれば、金融機関から信頼を獲得することにつながり、スムーズに融資を受け資金調達できるはずです。

そこで大阪でコンサルタントを選ぶのなら

  • ・根本的な資金問題を解決できるノウハウをもっている
  • ・これまで様々な企業の経営改善を行っている実績がある
  • ・資金調達を成功させるために必要な経験と知識を十分もっている
  • ・一時的な資金調達だけではなくその後の経営基盤構築まで行える
  • ・スピーディで丁寧な対応を行い的確な判断ができる
  • ・資金調達の相談が無料
  • ・大阪や関西を中心としたネットワークをもっている

といったコンサルタントを選ぶようにしましょう。

資金調達で必要なお金を手にし、その後の資金繰りも改善させることができれば、経営者も本来のビジネスに集中してより会社を成長させることが可能となります。

その成長基盤をつくるためのサポートをしっかり行ってくれるコンサルタントでなければならないということです。

 

コンサルタント選びで失敗しないために

大阪にも様々なコンサルタントが存在しますので、資金調達を専門とする会社を探すのも一苦労です。

そのような場合、中小企業の資金調達方法として注目されているファクタリングを扱うファクタリング会社に相談してみるとよいでしょう。

ファクタリングはお金を借りず、保有する売掛金を現金化させて資金調達する方法です。

ファクタリング会社の中には、ファクタリングによるサービスだけでなくコンサルティング業務も行っていることがあるため相談しやすいといえます。

これまでファクタリングは首都圏や関東圏が主な拠点でしたが、近年では大阪など関西エリアにもその範囲が拡大され、全国に広がっています。

大阪に支社や拠点を持つファクタリング会社であれば、地域に密着した適切なアドバイスをしてくれるはずです。

 

ファクタリングで資金調達するのも有効

そもそもファクタリングは、銀行などから融資を受けるときの審査とは異なり、利用者の信用力はあまり重視されません。

そのため赤字決算や債務超過でも申し込みが可能であり、審査が柔軟なため即日入金も可能となるファクタリング会社もあります。

銀行融資なら利息などのコストを低く抑えることができ、調達できる金額も大きいなどメリットは高いでしょう。しかし審査に時間がかかってしまうため、急いでお金が必要なときには間に合いません。

その点、ファクタリングは売掛金の信用力を重視した審査なので、時間がかからず契約までもスムーズです。お金を借りるわけではないため利息は発生しませんが、手数料はかかるためよりコストを抑えることのできるファクタリング会社を選ぶようにしてください。

ただ、大阪や関西圏であまり有名ではないファクタリング会社には注意が必要です。中には悪徳業者も混ざっているため、たとえば東京などに本社があり、全国規模でサービスを提供しているファクタリング会社などのほうが実績も高く安心できます。

 

まとめ

大阪の経営者が資金調達するとき、どの方法を使うべきか悩んでしまうこともあるでしょう。そのとき、コンサルタントに相談してみようか…と考えることもあるでしょうが、悪徳業者なども少なくありませんので注意が必要です。

お金を急いで準備しなければならないとき、のんびりコンサルタントに相談している暇はないという場合もあるでしょう。

そのような場合にはコンサルティング業務も行っているファクタリング会社に相談すると、資金調達後の資金繰りの相談までできて安心です。ただしこちらも悪徳業者などが存在するため、実績の高い信頼できる業者を選ぶようにしてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter