資金調達に必要なコストの相場ってどれくらい?大きな場合も

2017/11/24
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

資金調達を考えている場合には、調達するためのコストが必要になります。コストなんて考えなくても良いように思っているなら、それは間違っています。借り入れを行う場合でも、何かの債権を購入してもらう場合でも、必要なコストは当然出てしまうのです。コストを削減しながら資金調達を実施することが重要になっていますので、安い方法をしっかりと考えていきましょう。

コストを削減しないと返済額が大幅に増えてしまう

コストを削減しない場合は、借りている会社に返済する金額が大幅に増えてしまいます。返済する額が借りている額より多い状況は、とても厳しいものとなります。本来ならそうした状況が起こらないように調整しながら、一番コストの低い会社に連絡して借り入れを行いたいものです。ただ、色々な問題があり、高いコストを持っている会社に依頼を出していることもあります。
資金調達は、すべての選択が取れるわけでもありません。会社によっては、選択できる方法が制限されているのです。コストを増やさないように調整したくても、大きなコストしか使えないようなところだけに限られているなどの問題が生まれてしまい、思っていたような借入ができなくなってしまうのです。
資金調達のコストを相場で見ておくことは、返済額を調整しやすくなることと、低いコストで対応できることが大きなポイントとなります。できることならコスト面での比較をしっかり行って、失敗を作らないようにしましょう。

資金調達のコストに該当するもの

コストに該当しているものは、利息や手数料になります。利息の場合は、金融機関を利用しているなら誰でもわかっていることで、金利によって作られている利息を支払って返済します。金利が高い状態となっている場合は、とてもコストの高い状況となりますので、絶対に避けることが重要になります。
手数料は、ファクタリングに該当している項目です。会社に支払う手数料として付けられていて、多くの場合は月ごとに手数料が発生します。1ヶ月利用している場合に、これだけの手数料を支払ってくださいと言われるので、割合に応じて支払いを実施していくこととなります。
他に、税理士を利用している場合などのコストも必要になります。あまり税理士を使わない会社が多くなっているものの、調達の問題で必要となっている場合もありますので、その状況が起きているなら相談した上で、必要な資金を払って調達を行っていくのです。

資金調達コストの相場は

資金調達コストについて、相場は方法によってだいたい変わっています。違いをしっかりと理解して、相場に合わせて借入や融資を受けるようにしましょう。

金融機関から借りる場合のコスト

金融機関から借りる場合は、金利によって決められている金額が追加で支払われることになります。金額がかなり多くなってしまうようなサービスは避けることになりますが、金利については1桁、それも5%以下に設定されているものを活用したいところです。相場は5%程度で、金額によって上下していくものと考えてください。
もちろん1000万円以上の借入となれば、5%は明らかに高い金利になっています。金融機関であれば、3%くらいの数字に抑えてくれることも多いので、額によってコストを見極めることが大事です。5%は500万円くらいの金額を借りるなら、これくらいだと思っていればいいでしょう。
少ない借り入れを行っていくほど、コストも高くなってしまう点に気をつけてください。意外と多く借りている場合は、金利面での優遇が期待できるようになるのですが、小さい借入だと妥協してもらえないので、多くのコストを払うことになるでしょう。

ファクタリング手数料の相場

ファクタリングの場合は、手数料によって支払いが行われます。この手数料ですが、後から支払うこともありますが、多くの場合は債権を購入してお金を払った段階で、既に取られています。10%という手数料となっていた場合は、希望している金額の10%を取ってからお金を出しますというサービスになります。
他にも、掛目というものが定められているのですが、この数字をしっかり理解していないと、金額自体が落とされてしまいます。ファクタリングは、資金調達のコストとして、掛目が100%に近いほど安定するものと考えてください。もし100%を提示してくれないようなところは、手数料ではないものの余計なコストを追加されているものと考えていいのです。
相場としては、10%程度と考えていいです。これよりも小さい金額を提供してくれるようなら、安定してファクタリングを活用できると考えていいでしょう。逆に高いように設定されている場合は、結構多くの金額を支払うことになります。20%を超えているような会社の場合は、ファクタリングでもあまりいい状況になりませんから、あまりにも高いような会社と契約しないように考えておきましょう。

ファクタリングを安定させるためには

手数料などの概念を考えると、ファクタリングについてしっかりと考えることになるでしょう。調達コストが高くなっている会社を利用するよりも、小さい会社を利用していくことが重要になると思ってください。
安定させたいと思っている場合は、まず手数料のコストを考えておきます。小さいと思えるような会社であれば契約しても構いませんが、掛目を知らないまま契約していることで、余計な支払いが発生しているような状況だけは避けるようにしてください。掛目は100%を付けている会社のほうが安定しています。
コストが高いと思っている場合は、他の会社にも相談を行ってください。ファクタリングを提供している会社は1つではありませんし、ネットなどを活用することで簡単に相談できる会社も用意されています。色々なサービスを使って、コストを調べてから契約することが望ましいです。

リスクを背負うことでコストを削減できる場合も

金融機関からの借入では、リスクを高めることによってコスト削減は不可能ですが、ファクタリングについてはコストを削減できる場合もあります。
ファクタリングは、借りている会社が売掛金によって最終的に支払えるシステムとなっていますが、売掛金が提供されなかった場合、会社が持っている資金で支払わなければなりません。あまり起こらないことですが、売掛金によって支払えない場合もあります。
売掛金を受け取れなかった場合の措置について、借りている会社が支払いを担当することになれば、リスクは高くなります。その分だけ手数料を削減してくれる会社もありますので、場合によってはリスクを背負ったほうが、調達コストを削減できる可能性はあります。
できることなら、返済できるだけの金銭を準備した上で、ファクタリングと契約した方がいいでしょう。もしものために準備を行って、その分だけ調達コストを減らして資金を受け取るようにします。

資金調達のコストは限界まで小さくしよう

どのような方法を採用したとしても、限界までコストを小さくしていないようでは、非常に迷惑がかかってしまいます。そして会社の経営にも影響が出てくることですので、なるべく安定させられるような状況を作りましょう。
コストの問題は、経営に直結する可能性が非常に高くなっています。小さいコストのサービスを使ったほうが良いと考えつつ、安定しているファクタリングなどの検討も進めましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter