資金調達で無担保は可能?担保のない方法に注目が集まる

2017/11/22
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

担保は、資金調達では重要になっている項目です。担保がないような状況で資金を提供してもらうと、貸している会社は何もメリットがありません。その分だけ利息を増やすようにして対応しているものの、会社に対して提供する資金のために、無担保で提供しているサービスは殆どありません。ただ、最近になって無担保の方法が注目されているのです。

担保のある資金調達が主力となっている

現代の資金調達は、担保のある方法を中心に行っています。担保を持っていないような方法だと、高い利息を支払うことになる消費者金融、もしくは金融機関のカードローンなどに限られてしまいます。つまり資金調達を考えているなら、担保を作っておくのが基本となります。

金融機関が提供している借入の場合、不動産を担保にしている不動産ローンが多くなっています。不動産を担保として、この金額が保証されていることを判断して、最終的に借入を行えるようにするサービスとなります。この方法はかなり有効とされていて、実際に利用している会社が多くなりました。担保として不動産は特に利用しやすい傾向があるからです。

資金調達では、不動産を担保に出して、何とかして返済を行っていくことが多くなっています。この方法を使っていれば安心だろうと思われているのもありますが、最近になって別の方法も採用されるようになりました。

無担保で提供される資金調達に注目が集まる

無担保で提供されている方法が登場し、注目を集めるようになりました。代表的なものはファクタリングとなります。

ファクタリングは、売掛金という債権を提供して行っている方法ですので、担保はありません。不動産を提供しないとダメだとか、会社の何かを渡していないとサービスを使えないなんてことがありませんので、安心して利用できます。ファクタリングに変えている会社は、無担保で多くの融資を受けられるようになります。

その分だけ、売掛金という問題が生じてきます。売掛金は中小企業を中心に持っている部分で、支払いがまだ終わっていない利益として計上されています。売掛金が多くなければ、結果的にファクタリングを使えない可能性もあるので、多くの売掛金を作り出す必要があります。

担保が必要ないことで、色々な手続きの不安を減らせるようになる他、面倒な審査がなくなる良さも持っています。利用している会社の多くが、不動産の安心感を得られるようになっており、不安を解消できています。

無担保のサービスにメリットあり

無担保で提供されているファクタリングのようなサービスは、かなりメリットを持っています。ここからはメリットについて紹介します。

不動産を失うリスクがない

不動産を失ってしまうリスクが、担保を活用しているローンにありがちなことです。返済できなかった場合は、貸している会社が不動産を売却する手続きを取り、残されている金額を回収するようにします。こうしてある程度の金額を確保できるのですが、不動産を失ってしまうことで、会社は信用を失うようになり、更に借りられる会社が制限されるなど、非常に厄介なものとなります。

ファクタリングなどの方法は、不動産を失っているわけではありません。つまり不動産が残っていますので、ファクタリングに失敗している場合でも、まだ金融機関に対して借入の申込が可能になります。無担保だからこその安心感を持っていて、借入の方法を後から考え直すこともできるのです。

複数の方法を使っても問題がない

担保を利用している場合、その担保は1つのローンにしか使えない問題があります。つまり1つの不動産に対して、1つの借入しか行えないので、他の担保ローンでは別の不動産を提供することとなります。場合によっては、会社自体を売却の対象にしなければならないので、かなり厳しい状況もあり得るのです。

一方でファクタリングを活用している場合には、ファクタリングと担保を提供しているローンの2つを一緒に活用できます。ある会社からは借入で対応しており、残りは売掛金を使ってファクタリングを実施していく方法なら、複数の手法によって資金調達が簡単に行えます。

複数の方法を有効活用できるだけでも、ファクタリングのメリットはあります。色々なサービスを上手く使っていくことで、かなり資金調達の幅を広げることになり、多くの資金を得られるようになるでしょう。

ファクタリングは無担保だからこそ審査が早い

最後に、審査の早さという部分があります。担保の場合は、不動産の調査をしなければなりません。価値が正しいものか確認するために必要なことで、価値が正しく評価されないまま担保ローンが受けられることはありません。絶対に調査が実施されて、最終的な価値を踏まえて融資額が決まります。

ファクタリングは無担保ですので、審査は売掛金について行っている程度です。後は会社の情報を調べて、健全な経営をしていることがわかっていれば、すぐにでも融資に応じてくれます。ファクタリングに切り替えれば、数日程度で融資を受けられるようになります。

担保を提供しているローンに比べると、早く対応できる良さを持っているので、どうしても必要な資金ができた時には活用しやすいのです。

無担保を使いたい会社とは

無担保による資金調達を行いたい会社は、中小企業になります。大企業の場合は、不動産を多く持っていますし、そもそも資金源も多くなっています。足りない場合は、不動産などを売却することで対応できる方法もあるので、担保を持っている借入や融資を行っているだけでも、経営は安定させられるのです。

中小企業の場合は、不動産の保有数が少ないために、不動産を担保とするローンはかなり厳しくなっています。利用したいと思っても、足りないために会社に提供できる不動産がなく、資金繰りをうまく進められない問題もあります。しかし、無担保とされている方法であれば、不動産などを考えずに実施できるので、ファクタリングに切り替えることで融資を受けやすくなります。

中小企業にとって、無担保というのはすごく大きな方法になります。担保を付けているものよりも取り組みやすく、そして返済のリスクも軽減されることになります。中小企業はファクタリングを有効活用してください。

ファクタリングは回収不能な場合でも対応がいい

契約によって変わりますが、ファクタリングは回収不能な売掛金が発生した場合でも、借りている会社に請求しないことがあります。手数料によって、ある程度の金額を確保しているので、支払いは行わなくても良いようにしているのです。これなら無担保でも安心ですし、売掛金が入ってこない時の不安も解消されます。

担保の場合には、払えなかったら売却というリスクが常に有りますので、非常に厄介な問題を抱えています。もちろん返済が厳しいように感じているようなら、色々な検討をすすめることが大事でしょう。ファクタリングの場合は、失敗した場合でも負担を軽減できる安心感があります。

担保のない方法で安心感が生まれる

これからの時代は、担保を使わない方法が主力となる可能性もありますので、今まで利用されていた不動産ローンが小さくなり、ファクタリングに切り替わる可能性もあります。ファクタリングは、それだけ無担保でも優れている方法です。

中小企業の安定感を作ってくれるようなサービスとなりますので、これまでに思っていた負担が大幅に軽減される良さもあります。そして、リスクの小さい方法として活用していけば、中小企業でも望んでいる金額が得られるのです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter