資金調達に補助金は有効?それよりも多く借りられるサービスで

2017/11/14
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp

資金調達の方法として、自治体や国が提供している補助金を利用している場合もあります。提供される補助金は、会社の経営を助けてくれる他、これから会社を経営したいと思っている方にも安心できるものです。しかし、補助金を提供してもらっても、劇的に資金調達が行えるわけではありません。用意してくれる金額は、経営を一時的に改善する程度です。

補助金は額が決められている

資金調達に使える補助金は、用意されている金額が決められています。そして、提供される金額もあまり多くありません。つまり金額が多く得られるわけではありませんので、多くの資金調達をしないと改善しないような企業では厳しい部分もあります。補助金だよりというのはかなり難しいところです。

用意されている補助金は、一時的に楽になる程度で、より多くの資金を得たいと思っているなら、金融機関から融資を受けるなどの方法を使うことになります。自治体などが提供している補助金だけで、会社の経営を安定させるのは相当難しい部分があり、足りないことが多くあります。

それでも利用したいのは、あまり審査が厳しくないことと、その日のうちに融資をしてくれる方法があるからです。補助金の中には、当日中に支払いを行ってくれるものがあるので、すぐにでも必要と思っているなら利用する価値があります。

更に、返済しなくても良いことが多いために、補助金であれば会社の負担が軽減されます。ただ、補助金を活用してどこかの借入を支払うなどの方法は使えませんので、利用できる方法をしっかりと考えて行動しなければなりません。

補助金では会社を立て直せない

補助金で資金調達をしても、一時的に会社の資金が増えているだけで、実際には改善しているような状況ではありません。債務状況が改善しなければ、次の方法を取ることができないままですので、苦労する状況は変わっていかないのです。

会社を立て直したいと思っているなら、もっと多くの資金調達を行って、色々な方法で借入を実施するような手法に変えたほうが良いでしょう。立て直しをしっかりと図るためには、補助金以上の何かが必要になります。

用意された補助金は、一時的に会社の経営を安定にさせて、次のステップに進めるようにしてくれます。うまく使っていけば、借入などのサービスも使えるようになっていて、安心して会社経営が続けられるものの、劇的に変わるようなイメージではないと考えてください。間違った認識を持っていると、補助金の使い方を誤ってしまいます。

補助金よりも有効な方法はあるのか

金融機関との交渉では厳しいと思っていて、しかも返済が難しい状況に陥っているなら、返済をしやすい方法を考えていくことになります。補助金よりも有効な方法はしっかり用意されているので、活用していくようにしましょう。

補助金よりも多くの金額を得られるようにしており、会社が持っている売掛金を活用できるファクタリングが有効です。金融機関の場合は、これまでの状況などを調べられるようになり、場合によっては経営の不安定さをマイナスと捉えて貸してくれないことが多いです。ファクタリングの場合は、売掛金の金額がわかっていれば債権を買い取り、最終的にお金にすぐ変えてくれるのです。

ファクタリングを活用していることで、売掛金を持っている会社は劇的に融資を受けられる形になり、資金調達の安定感を図りやすくなるでしょう。売掛金が多く出ているようなら、その分だけ活用できる良さを持っているので、より多くの融資に繋げられるようになります。多くの金額があれば、補助金に頼らなくても経営を安定させられるのです。

売掛金であればリスクも小さく

売掛金は、多くの会社が持っていて、早く現金に変わってくれないかなと思っているはずです。なかなか現金にならないと、本来なら黒字なのに経営が厳しい状況に変わっていることもあります。売掛金の問題はなかなか入金しないという問題があるものの、買取を行って債権から融資を行ってくれるファクタリングなら、リスクも小さく抑えられます。

すぐに売掛金がお金に変わってくれることのメリットは大きく、事業展開が早く出来るようになる他、会社としての安定感も作りやすくなります。更に、売掛金は次々と発生する可能性もありますから、何度も利用できる良さを持っています。ファクタリングに変えることによって、リスクの問題点を解消できる可能性もあるのです。

現金にしっかり変えていけるような状況を作れるようなら、売掛金を早く入れてほしいなんてことを考えません。ファクタリングを使っていくことで、多くの問題点を解消できるからです。安心してお金を得られる環境となり、思っていたように使えるようになります。

補助金を活用したい場面と分けておく

補助金を使いたいと思っている時、ファクタリングを使っていくことを考えていく場面をよく選んでください。補助金を使いたいと思っているなら、基本的に売掛金が存在しない時に考えておきます。

補助金は、売掛金が無い時に使っておけば、売掛金が足りなくてファクタリングを使えないような状況を変えていけます。その期間だけ補助金に頼って資金調達をしっかり行うように心がけ、それ以外の場合はファクタリングを活用し、売掛金を現金に変えて事業を展開していく方法が有効に使えます。

ファクタリングに頼っている会社としては、売掛金がなくて困っている部分も当然出てきます。この状況を変えるために補助金を活用して、一時的に資金調達の安定感を図ることも大事です。その上でファクタリングが安定していくようなら、問題なく補助金を使わないで資金調達が可能になります。安定している状況を作りながら、ファクタリングを続けられるようにしましょう。

補助金は長く使えないものと考える

ファクタリングのほうが良いのは間違いありませんが、売掛金が発生していない会社にとって、補助金も有効活用できるものとなります。もちろん補助金を使っておけば、事業展開が可能になって、売掛金を発生させられる可能性も持っています。ところが補助金に頼り続けることができず、将来的に使えるものは減ってしまいます。

用意されている補助金は、選択肢がどんどん狭くなるように作られています。最初のうちは色々な補助金を使えたのに、将来的には使えるものが制限されてしまい、多くの補助金が対象外に変わっていることも多くなります。そうした状況を考えると、ファクタリングのほうが長く続けられるのは間違いありません。

どこかのタイミングで、補助金から卒業することも考えましょう。そして用意されている金額に満足できないようなイメージがあるなら、補助金じゃなくて融資などの方法を使ってください。切り替えるタイミングをしっかり作り、ファクタリングなどの借りやすい方法で多くの金額を得ておくのも大事です。

将来的には補助金から変えること

初めて会社を契約していることによって、様々なメリットが生まれるのは間違いありません。そして、補助金というのは、会社の経営をしっかりと作り出してくれるもので、最初のうちは多く利用していくことになるでしょう。

ただ、補助金は返済しなくても良いメリットを持っている反面、利用できる回数が限定されていること、更には利用できるサービスが減少していくことの問題を持っています。ファクタリングのように、売掛金さえ用意できれば資金調達が可能になっているサービスもありますので、考えて切り替える選択を行ってください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Whatsapp