ノンバンクの融資は会社に重要なポイント!使う状況を見定めよう

2017/11/06
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

多くの会社がノンバンクという選択を取る場合もありますが、あまりノンバンクの融資を長く続けるのは難しいです。ある程度安定すると、預金業務を行っている金融機関のほうが、相談に応じやすくなっています。様々なサービスを提供しているノンバンクもありますが、どこかのタイミングで使うことと使わないことを選択しなければなりません。会社として使う場面の見定めも大事になっています。

会社の大半は事業者融資を活用している

ノンバンクに該当している会社を使う場合は、事業者融資を使うことになります。消費者金融は、個人向けに作られているサービスが多いために、会社として使うのは難しいです。更に、消費者金融のルールには、事業用として活用するために利用できないとされています。ビジネスローンを持っていない限り、事業のためにノンバンクを利用するのは難しいのです。
会社の大半は、事業者融資によってノンバンクから融資を受けています。事業者向けに融資を実行してくれる方法で、個人向けとは違う設定が行われています。融資額の増加や、サービス自体に安定感を持っている傾向もあり、個人向けの融資よりも安心させやすいのです。
活用している傾向はあるものの、どこかのタイミングで事業者融資も終了することになります。金融機関を利用したり、ファクタリングで融資を行ってもらうなどの方法も活用されています。どこかのタイミングでノンバンクの融資からは離れることになりますが、使われていることは多くなっています。

リース契約もノンバンクの融資に

事業によっては関係ないかもしれませんが、リース契約もノンバンクに該当しています。ノンバンクの融資を受けたいと思っている場合には、リースなどもしっかり検討してください。物品の代わりに費用を払っていく方法ですが、明確な融資として考えられており、機械設備を必要としている場合には活用していく傾向があります。
ノンバンクの融資と考えてもいいですが、リース契約もどこかで終了する傾向があります。リースにばかり頼っていると、どんどん負担が大きくなってしまうからで、どこかで購入する決断をすることとなるでしょう。ノンバンクを活用したいと思っている場合には、どんどんいい融資を受けることも大事になりますが、どこかで購入するとか、融資先を変えてしまうなどの選択を取ることになるでしょう。それは様々なサービスで出てくるポイントとなります。

ノンバンクの限界を見定めるポイント

ノンバンクをこれ以上利用していると、かなり負担が大きいように思っているなら、別の方法に切り替えていくことになるでしょう。ここでは限界だと思われるようなポイントを見つける要素を紹介します。

ポイント1:会社の経営に余裕が出たら

会社の経営に余裕を持つことができて、ある程度融資を高額なものに切り替えられると判断しているのなら、ノンバンクを活用しない選択肢になります。この場合は、金融機関に融資を依頼することが多いですが、売掛金を持っている場合はファクタリングでも問題ありません。融資については、ファクタリングの契約をしたほうが早く完了する傾向にあります。
経営に余裕が出ていると、わざわざ金利が高いノンバンクに頼ることがありませんので、もっと余裕を持って色々な会社を選べるようになります。ノンバンクは会社の経営が厳しいと思っているとき、最初に利用する考えを持ちたい業者なのです。ある程度余裕が出ていることは、考え方によっては違う融資を使ったほうが、安心できる傾向にあります。

なお、経営が安定しているものの、売掛金だけで安定させているような業者の場合は、ファクタリングを活用した方がいいでしょう。ファクタリングで融資を早く受けたほうが、経営の安定化を図りやすいのです。

ポイント2:ノンバンクの融資を受けすぎたなら

ノンバンクの会社は、返済が厳しいとされています。金利が高く設定されて、金融機関よりも多くの負担を強いられる傾向があるからです。負担が大きくならないように、ノンバンクの融資を考えていくことも重要になります。
多くの会社から受けているのであれば、選択肢を変えたほうがいいかもしれません。次に融資の契約ができるか微妙な会社もあるからです。融資を受けられるような会社があればノンバンクでもいいですし、駄目なら別の選択肢も考えて行動してください。
ノンバンクの融資は、いいものが多いとされていますが、かなり多くの会社と契約しているなどの状況については、変えていくことが重要になるでしょう。

ポイント3:経営が厳しすぎる状況

あまりにも経営が厳しくなっていて、審査を通過できないと思われるなら、ノンバンクを使わないでください。ノンバンクに融資の依頼を出しすぎていたことで、ブラックリストに掲載される可能性もあります。
ブラックリストは、融資を受けられないどころか、すでに審査すら断っているような状況です。審査を受けられない状況になってしまうと、思っていた融資を受けられないので、他の選択肢を考えたほうがいいでしょう。
経営が厳しいと思っている場合は、ファクタリングを活用した方がいいでしょう。売掛金が入らないことで苦労している会社も多数ありますので、売掛金を先に変えてもらうような契約にしておけば、より安心させられるでしょう。

ポイント4:大きな売掛金が発生している時

売掛金は、大きなものが発生しているなら、ある程度の安定感を得られます。入金されるようなら、売掛金によって融資を受けなくてもいい状況になりますし、ノンバンクとの契約を考え直すきっかけになります。多くの負担をまだ行っていくべきか、それとも他の方法で融資を受けたほうがいいのか、決断を行ってください。
売掛金が多くなっていると、金融機関からもプラスに判断されることがあります。なかなか入金されていないような状況だと嫌なイメージを持たれますが、2ヶ月以内の状況であればノンバンクから金融機関へ変更してもいいでしょう。これなら審査を通過することができて、融資を受けやすくなるのです。

また、売掛金が多くなっていることで、ファクタリングによって早期に現金を得られるようになります。会社に必要な資金がいきなり多くなりますので、手数料を払ってもファクタリングに切り替えたほうがいいかもしれません。安定して売掛金が出ているようなら、ノンバンクを使わなくてもいいでしょう。

ノンバンクは負担をかなり大きくする

ノンバンクは負担が大きく、色々な部分で会社の経営を圧迫する傾向もあります。本来なら融資を受けやすくて、すぐにでも事業展開が行えるようになりますが、色々な問題を抱えていることも事実お思ってください。負担が大きくなる理由について説明します。

理由1:金利の設定が高い

金融機関よりも微妙に高い設定としているので、負担が大きくなる傾向にあります。事業者とすれば、借りられることがいいように思われますが、借りたら返さなければなりません。金利が高くなっていると、1日に発生している利息が非常に高くなってしまうので、負担が大きくなってしまいます。
金利の高いサービスを使いたいとは、個人でもあまり考えたくないものです。でも借りられるサービスが限定されているときは、ノンバンクに頼るしかありません。特に立ち上げたばかりの会社は、融資を受けられるところが少なくなっていますので、ノンバンクを利用することが多くなるでしょう。
返済の問題などを考えると、金利の状況などを理解して、一番小さい負担で終わるような会社を使ってください。

理由2:利用できる金額が小さい

限度額の問題で、ノンバンクは多くの融資ができなくなっています。会社向けに用意されているものでも、限度額の制限が金融機関よりも低く設定されています。あまりにも融資を受けづらいような状況になってしまうと、利用しづらいようなイメージを持ってしまいます。
もう1つの問題は、限度額が小さいことによって、他の会社に融資の依頼を出さなければならない現状です。融資を行ってもらいたいのに、希望している金額に達していなければ、他の会社にも融資を依頼することになるでしょう。多重債務に陥るようになり、会社の負担は増加します。しかも借りている会社全てがノンバンクとなれば、返済の負担はかなり厳しいものになるでしょう。

多くの融資を行ってくれるノンバンクも最近は登場していますが、多くのケースで不動産の担保が必要になります。担保に出せるような不動産がなければ、融資をうけらないので気をつけてください。

ノンバンクはメリットを理解して使おう

すぐに融資を行ってくれるところ、そして審査基準が金融機関よりも厳しくないように設定されることで、ノンバンクは利用しやすくなっています。ファクタリングは審査を行っていないので該当しませんが、ノンバンクは審査基準があまり厳しくないために、何とか立て直したいと思っている会社が活用しやすいところもあります。
確かに負担が大きくなってしまい、更に利用できる金額に制限が加えられることで厳しいところもあります。しかし、利用していくことで会社の安心感が生まれる可能性もありますし、事業が展開されて売掛金が出てくるようなら、早期にノンバンクの返済を完了させて、ファクタリングなどの契約を考えていけるようになります。
ノンバンク自体は、悪いものではありません。使う状況によって変わってしまうサービスと思ってください。長くノンバンクを活用していくのは難しい傾向もありますが、一定の期間であれば利用しても問題ありません。後は度のタイミングで別のサービスを活用するのか決めることです。

ファクタリングのようなサービスはどうなるのか

ファクタリングにように、ノンバンクの会社が貸しているような方法については、一見するとノンバンクのイメージが強いように思われます。ただ、ノンバンクだったとしても、提携している会社の中には金融機関の傘下もあります。つまりファクタリングの場合は、別の方法で金融機関から融資をしてもらっているケースもあります。
そもそもファクタリングのサービスは、売掛債権を購入してもらい、融資を受ける方法です。中小企業など、どうしても融資が必要とされている会社にとっては、非常に大きな方法となります。しかし、ノンバンクではありますが、行っているサービスがノンバンクの企業とは大きく異なっているので、ファクタリングをノンバンクとして称する事はありません。
ファクタリングを活用する場合は、審査などの必要がほぼありませんので、売掛金の安定感だけを見ていくことになるでしょう。安定して売掛金を作れるようになり、多くの会社と提携しているような状況になれば、ファクタリングだけで安定した資金繰りが可能になります。ノンバンクの手法を使わなくても安心できる状況が生まれるのです。

最初にノンバンクを使って事業をうまく展開して、最終的にノンバンクから作り出した売掛金を得て、ファクタリングのサービスに切り替える方法はあります。色々な手法を使って売掛金を作り出すことができれば、ノンバンクからの切り替えは行いやすいでしょう。

金融機関よりも信頼性に気をつけたい

ノンバンクを活用している方は、金融機関よりも信頼性が薄い傾向にあると思ってください。大半のノンバンクは、金融機関の傘下に入っていて、その中で事業を展開している傾向にあります。ただ、傘下に入っていないような会社もありますので、しっかりと裏まで調べるようにして、安心して使えることを確認してからノンバンクを利用してください。
ノンバンクと称して、実際には闇金融の可能性もあります。特に巧妙に作り出している場合もありますので、貸金業者としての登録や、更にはサービスの金利などをしっかりと調べるようにしてください。ホームページを立ち上げているようなノンバンクであれば、安心して使える傾向が多いです。
ファクタリングの場合でも、信頼性がかなり重要と言われている中で、金融機関よりも会社の情報が重要になっていると思ってください。重要な情報が得られて、ここなら信頼して借りられるようなイメージがあるなら、後は契約をするだけです。

ノンバンクは使う状況をしっかり考えること

ノンバンクの契約は、後から経営を圧迫させる恐れもありますから、使うことのメリットをしっかり考えましょう。そして、安心して活用できることを前提にしながら、返済計画もしっかり作りましょう。
最終的には金融機関やファクタリングの契約を使うことも多くなりますが、安定しているノンバンクであれば、契約を変えるまでに多くの事業を展開できるようになるでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter