事業支援Lab

物流業界に特化したビジネスマッチングサイトを使うとき確認しておきたいこととは?

事業資金2022/04/07

近年では、インターネットを活用して広告・宣伝活動をすることが主流となっていますが、取引先を探すときにもビジネスマッチングサイトなどが利用されるようになりました。

受注を増やして販路を拡大したいと考える物流企業なども例外ではなく、インターネット内で取引先を探すことも当たり前のように行われています。

その中でも、物流企業が活用したいのが業界に特化したビジネスマッチングサイトです。

そこで、ビジネスマッチングサイトを使うときに確認しておきたいことと、物流企業が利用したい業界に特化したサイトを紹介していきます。

ビジネスマッチングサイトを利用するときに確認しておきたい3つのこと

ビジネスマッチングサイトで取引先を探したいと考える物流企業もいることでしょうが、実際にサービスを利用するときには事前に確認しておきたいことがいくつかあります。

どのビジネスマッチングサイトを選ぶかによって、よりよい取引先とスムーズに出会うことができるかが変わってきます。

そこで、次の3つを事前に確認した上でビジネスマッチングサイトを選ぶようにしましょう。

  1. 利用するときにかかる料金
  2. サイトに登録している企業数
  3. マッチング成約率

それぞれ詳しく説明していきます。

利用するときにかかる料金

利用するときにかかる料金やその形態については調べておいたほうがよいでしょう。

登録料は無料か有料か、仲介手数料は何割発生するのかなどによって、ビジネスマッチングサイト利用のコストが大きく異なります。

サイトに登録している企業数

サイト内に登録している企業はどのくらいあるのか事前にチェックしておきましょう。

マッチング成約率

登録企業数と並んで確認しておきたいのがマッチング成約率です。

仮に登録している企業数が多い場合でも、マッチングによる仕事の依頼ができなければ意味がありません。

ビジネスマッチングサイトを利用するときの5つの注意点

ビジネスマッチングサイトはビジネスパートナーとなる取引先を探すときに有効なツールとして活用できますが、次の5つについては注意しておいてください。

  1. 登録の際に料金が発生する場合がある
  2. 仲介手数料がかかる場合がある
  3. 検索機能が使いにくい場合がある
  4. 登録している企業数が少ない場合がある
  5. 大手企業ばかり登録されていることもある

それぞれ詳しく説明します。

登録の際に料金が発生する場合がある

口コミや評判のよいビジネスマッチングサイトだとしても、登録するときに多額の料金が発生してしまえば、コスト負担が重くなります。

仲介手数料がかかる場合がある

パフォーマンスに優れている場合でも、仲介手数料が発生するときには自社収益の改善に繋がりにくくなることもあります。

たとえ料金が高くてもクオリティを重視したいのなら問題ないでしょうが、恒常的に発生する輸送にかかるコストはできるだけカットしたほうがよいといえます。

最終的なコストパフォーマンスの期待値でサービスを選ぶことをおススメします。

検索機能が使いにくい場合がある

検索機能が使いにくいと、希望に合っていない企業ばかり表示されるようになり、ビジネスパートナーを探すまで時間や手間がかかってしまいます。

正確に欲しい情報を提示してくれるサイトか確認した上で活用したほうがよいでしょう。

登録している企業数が少ない場合がある

登録している企業数が少ないと、適切なマッチングの確率も低下します。

大手企業ばかり登録されていることもある

有名な大手運送会社ばかり登録されているサイトでは、本来のサイト利用のメリットを活かすことはできません。

これまで知ることのなかった企業や、中小でもパフォーマンスに優れた会社を探すことができることにビジネスマッチングサイトのメリットはあると考えられるため、どのような企業が登録されているか確認しておくとよいでしょう。

物流業界に特化したマッチングサイトを探すなら

物流企業がマッチングサイトを利用するときには、業界に特化したサイトへのアクセスでよりスムーズにビジネスパートナーを探しやすくなります。

物流業界に特化したマッチングサイトはいろいろありますが、その中でも特に多く活用されているサイトをいくつか紹介します。

PickGo

配送に特化したビジネスマッチングサイトが「PickGo」です。

BtoBとBtoCのどちらにも対応しており、バイク便・軽貨物ドライバー・運送会社など幅広く登録されていることが特徴といえます。

荷主ユーザー数は2万6千以上であり、登録・利用料はかからずサポート体制も整っているため、安心して利用しやすいといえるでしょう。

物流SOS

物流業界に特化したビジネスマッチングサイトであり、Web集客業務を一括で行うことが特徴の「物流SOS」です。

自社のホームページでは集客に手間や費用がかかるという場合にメリットがあり、ニーズに合った専門の取引相手を探すことができます。

情報は随時更新でき自由度も高いことがメリットであり、無料プランを利用することで広告費をかけず集客も可能です。

有料プランを選択した場合、掲載内容を充実させたり優先表示させたりすることができます。

他にも優先紹介や入力サポートなどに対応されるため、はじめてビジネスマッチングサイトを利用するときにも安心です。

トラボックス

荷主と運送会社の橋渡し的な役割を担う物流業界に特化したマッチングサイトが「トラボックス」です。

空きトラックを有効活用することや、協力会社を探したり新規荷主開拓したりといった場合に活用しやすいといえるでしょう。

月平均14万件以上の案件数を誇るため、希望する条件に沿ったマッチングを成立させやすいといえます。

また、運賃全額保証や入金保証など保証サービスも充実しており、電話サポート体制も整っているため安心です。

ハコベルカーゴ

ネット印刷の上場企業であるラクスル株式会社が運営しているマッチングサイトで、全国エリアに対応した荷主と運送会社を結びつけくれるマッチングサービスです。

広告費や入会費・会員費などは無料なので、費用をかけず手軽に集客でき、見積もりや請求書発行など事務作業もまるごと活用できます。

ブツレボ

荷主が依頼したい商材やサービスごとに物流代行会社を探すことができることが特徴なのが「ブツレボ」です。

登録・広告掲載は無料と有料があり、無料掲載であれば相互リンク・ホームページ上での紹介などが必須となります。

ハコブリッジ

運送会社や個人ドライバーのニーズに応えてくれる配車マッチングサイトが「ハコブリッジ」です。

スマートフォン向けアプリをインストールすると、案件情報・空車情報・ドライバー管理などスムーズにできます。

さらに運行指示書・日報・請求書など自動で作成することもできるため、日々の事務作業にかかる負担を軽減できることがメリットです。

ビジネス便に特化しており、配送サービスにおいて20年を超えるノウハウを蓄積していることから、ユーザーが利用しやすいと感じるシステムが整っていることもおススメできる理由といえるでしょう。

トラブルや問い合わせなども年中無休でオペレーターが対応してくれます。

まとめ

物流企業がビジネスマッチングサイトを活用するときには、業界に特化したものを選ぶとよりスムーズなビジネスパートナー選びにつながります。

ただし事前に確認しておくべきことは必ずチェックするようにし、余計なコストや手間をかけることなくマッチングにつなげていくようにしましょう。

記事一覧
無料で事業支援サービスへ登録する