事業資金の借入は低金利が一番!低金利が厳しいことも…

2017/11/25
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

事業資金を何とかして借りたいと思っている場合、借入のために金融機関を活用していく傾向もあります。金融機関を利用していれば、低金利のサービスが使えるようになりますので、かなり高い金利で借りるような状況になりません。ただ金融機関は、厳しい審査によって対応が変わってしまいます。もっと低金利で借りやすく、審査の負担を軽減できる方法を探したいところです。

低金利は絶対条件と考える

会社の経営を大きく左右するとされるのは、金利によって発生している利息です。この利息が大きくなってしまうと、借りている金額に対し、多くの支払いを行うこととなります。利息が多すぎるような状況になると、返済困難に陥ることもあるので、出来る限り返済のし易い方法を探っていきたいものです。
低金利での借入は、絶対条件と考えてもいいくらいです。低金利にしてくれないと、会社としては経営で厳しい状況となってしまいますし、負担も大きいように感じてしまうでしょう。こんなに高い金利では流石に困ると思っている人も出てくるくらいで、できることなら低金利を狙いつつ行動したいのです。

借入では金利を比較して行っている

個人で借入を行っている方も、比較をすることが多くなっているはずです。低金利で借りたいと思っている場合には、まず金利面での比較、次に利用限度額を把握して、どれくらいの金額になるのかしっかりと検討していくのです。こうして借入の問題について、しっかりと考えていけるようにしていますが、事業でも同じことが言えます。
会社の場合でも、高い融資を受ける場合には、借入を行っていくのが一般的です。ここで他の銀行についても調べるようにして、金利について考えているのです。高い金利が適応されているような状況を避けるようにして、より小さい金利で借りられるような環境を探っていくようにしています。
金利の比較をして、最終的に一番いいような会社を利用していくのが重要になります。金利面で良いように感じている会社を多く考えていくと、後は利用できる金額や、融資の上限などを確認していることで、融資については考えていけるようになります。

比較をしなければ失敗するのが借入であり、事業資金では特に気をつけたいものです。ただ、金利という部分だけを考えていくのではなく、サービスを変えた時にどのような金額となるのかも考えて、返済の状況などを比較しつつ借入の方法を決定していくのが大事です。

低金利はファクタリングでも可能?

金融機関が低金利で貸してくれない状況や、審査に落とされ続けて申し込みのできる会社が減ってしまう問題は、なるべく解消しておきたいものです。新しい方法に目を向けてみるのも大事になっているので、ファクタリングについても考えていくことが望ましいです。
ファクタリングのサービスを使っていくと、金利ではなく手数料という概念に変わります。そもそもファクタリングは、短期間しか利用できない設定となっていて、この日までに支払をお願いしますと取引する会社と契約します。支払いは売掛金を支払う会社が担当しているので、直近で一番返済されそうな売掛金を使っていれば、数週間後には支払いが完了している形になります。
手数料については、どれくらいの数字なのか確認して、一番小さいところを狙っていくのが大事です。ファクタリングの場合は、金融機関が設定している数字よりも手数料が小さくなっていることもあり、場合によっては借入よりも特をすることがあります。

ファクタリングと金融機関で違う手数料

どちらの方法も、会社によって異なるところは同じです。金利は金融機関が定めて、法律の範囲内で決定しています。ファクタリングの場合は、会社ごとに手数料を決めている他、売掛金が返ってこない時の問題についても考えて設定されています。ここでは売掛金が確実に返ってくるとされる契約について考えていきます。

金融機関の場合は、金利が年間で定められるようになりますので、数ヶ月程度にしておけば2%程度で終わる可能性もあります。ただ、長く借りている状況が続いていると、年単位で終わりませんので、金利は書かれている数字よりも高くなる傾向にあるでしょう。
更に、金利というのは、残されている金額に対して適応されるものです。返済が進められるようになれば、どんどん金利による負担は小さくなりますが、返済が滞ってしまうとかなり大変な思いをすることになります。返済する金額が相当多くなってしまい、最終的に返せないような状況も生まれます。
借りるという方法の場合、返済できない場合のリスクが高く、借りている額に対して2%と言っても相当な数字になります。高額な融資を受けている場合には、特に厳しい傾向がありますので、様々な情報を基にして返済をしやすい環境と、なるべく負担の小さい方法をうまく活用していくことが重要になります。

一方でファクタリングを活用している場合、手数料が決められた金額で支払うことになります。金額は受け取る時点で決定されるようになりますので、場合によっては金融機関よりも多く取られてしまう場合があります。20%と書かれているようなところだと、100万円で20万円の手数料を払うことになりますが、これはファクタリングの方法が影響しているものと考えてください。
手数料が10%くらいだったら、金融機関よりも支払う金額が小さくなります。長く利用していくわけでもないので、負担自体もそこまで大きなものじゃないと思ってください。金額次第では10%どころか、5%以下に設定している場合もあります。金額次第ではありますが、取られる金額がそこまで大きくない上に、返済はほぼ確定しているので、金融機関よりも低金利を狙いやすいのです。

ファクタリングの場合、選ぶ会社によって変わることが多いので、まずは相談をしてください。相談によって手数料についても話をしてもらえることが多いですし、場合によっては多少手数料が優遇されることもあり、示されている数字よりも小さく抑えられることが可能です。

借入よりも売掛金を買ってもらったほうが早い

審査の時間なども影響しているので、早く借入を行いたいと思っても、そう簡単に進まないことがあります。1ヶ月近く交渉していくことも多くなり、求めていたような事業展開ができないこともあるでしょう。
そこで売掛金を購入して貰う方法を使って、売掛金を早く受け取るような方法を使います。1ヶ月くらい早くもらっている程度の方法ですので、借りているというよりも現金化を行って、少しだけ早く支払いを受けている程度と考えていいのです。
審査もそこまで厳しくないどころか、すぐに終わらせてくれることが多いので、負担の小さいところにプラス材料を考えられるようになります。今後のためにも、ある程度負担の小さい方法をうまく利用することで、借入を早くしていく方法が望ましいのです。

事業資金は色々な方法で低金利を

低金利を作り出すこと、そして手数料という概念を減らせるように考えていくことも重要になります。手数料が小さくなっていくと、大きなメリットを感じられるようになるでしょう。
ファクタリングの場合は、期間が短いために安定している方法を活用できることと、手数料がある程度わかりやすく、将来的に考えていく金額よりも小さく抑えられます。より安定させるためにいい方法を取れるのです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter