ノンバンクをビジネスに取り入れよう!効率良く使うと良い事業に

2017/11/17
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

一般的に、借入を行う場合は銀行巨の金融機関を利用します。融資を受けることになれば、大きな金額が一度に手に入るようなところでお願いしたほうが、いい結果を産んでくれる可能性があるからです。しかし、ノンバンクという会社を利用する方法もあります。銀行とは全く関係のないような会社を利用していくことで、場合によっては早期に高額な融資を受けられるようになります。

ノンバンクでビジネス用の融資を受ける

ノンバンクは、銀行などのようにお金を預ける行為をしていないものの、貸金を提供している業者となります。代表的なところは消費者金融であり、他にもクレジットカードの信販会社が該当しています。ファクタリングもノンバンクではありますが、貸金という方法を使っていないので、ノンバンクに該当するかは微妙なところです。
融資を受ける方法も用意されていて、ビジネスローンなどを中心に取り扱っています。企業にも個人にも融資を受けられるような方法を使っていることで、多くの金額を融資して、利息によって利益を多くしたいと思っています。ノンバンクの運営は、非常にシビアに行われているのです。
消費者金融など、一部の企業は銀行の傘下となりましたので、ノンバンクという概念から少しずつ外れているのも現状です。銀行がその企業を買収するような形で傘下に入り、銀行の支援を受けながら事業展開を行っていくケースが増えているのです。ノンバンクとなっている企業はかなり減りつつあり、貸金業者の多くは銀行傘下に入ることとなりました。

業者のあり方が変わりつつあるので、ノンバンクによって提供されているビジネスローンは、銀行が出しているようなものと同じことになっています。ただ、利用している会社が貸金を中心としているところなので、金利面で高い設定として、利息によって多くの利益を得たいと思っているのです。

ノンバンクは手数料などが高く厳しい

ノンバンクを活用するメリットは、審査がそこまで厳しくないことにより、あまり収入を持っていない人でも利用できることです。消費者金融は、アルバイトでも借りられるようにしていますし、事業のビジネスローンを活用する場合でも、他よりも審査が厳しくありません。
ところが、手数料などの金額が大きくなって、将来的に返済する金額はかなり増加します。1年で増えていく金額が、金融機関よりも圧倒的に多い状況となります。ノンバンクを利用いていることで、大きな損失を計上することもあります。
利用しやすいのは確かですが、無駄にお金の損失が出てしまう恐れもあるので、ノンバンクからお金を借りることが良いのかよく考えてください。特にビジネスローンを活用する場合はしっかりと検討した方がいいでしょう。

ノンバンクとは少し違うファクタリングで

ノンバンクは良いものですが、審査が楽にできるようなイメージを持っていたものの、意外と支払う金額によって苦戦を強いられます。最初のうちはノンバンクに頼っても問題ありませんが、ビジネス用の融資を受けたいと思っているなら、別の方法に切り替えていくことも重要になります。
若干ノンバンクと言えない部分もありますが、預入を行っていない会社の1つがファクタリングです。貸金という方法も実際には行っていないのですが、売掛金を購入してもらって、預入をしていない会社から融資を受けるような形を採用しています。お金は他の事業で多く得ているので、こちらも利息や手数料によって大きな金銭を持っていると思ってください。
ノンバンクに近いサービスを提供していますが、近いサービスを出している程度であり、他の融資とはかなり視点が異なります。会社を立ち上げたばかりではファクタリングを活用できず、ある程度の売掛金が必要になります。更に、売掛金が小さすぎると手数料が高くなる恐れもあり、思っていたような金額を得られない可能性もあります。

融資とは少し違う方法を取っていますが、ファクタリングを使っていればノンバンク以上の融資を受けられることもあります。ビジネスにとっては重要な機関となりますので、利用することも検討しながらサービスを比較した方がいいです。

ノンバンクとファクタリングの違いは

ノンバンクで提供している会社と、ファクタリングによって売掛金をお金に変えてくれる会社の違いは、提供してくれる金額です。
ノンバンクは持っている金額がそこまで多くありませんので、限度額を設定しています。限度額を超えるような融資は受けられない設定となっていますので、融資を受けたいと思っている場合にはある程度信頼性を作り出し、返済されるようなイメージを持たなければなりません。いいイメージで審査を受けられなかった場合、借りられる金額は小さくなります。
ファクタリングの場合は、売掛金の金額が多ければ融資の額は多くなります。金額は売掛金で決められているので、後はファクタリングの会社が購入して、一定の手数料を差し引いて支給すればいいだけなのです。この影響もあり、かなり多くの融資を受けられる形になります。

もう1つの違いは、限度額を決めるための審査を行っていないことです。ノンバンクと言っても、返済されなければ大きな損失を計上することとなりますので、出来る限り審査によっていい状況を作りたいと思っています。審査の結果次第では、あまり多くの融資を受けられない結果となりますが、金額を増やしたいと思っているなら、相当な内容を作らなければなりません。
ファクタリングは、売掛金に対して審査を行っていません。返済されるかどうかを判断している程度で、危ないと思われている会社について断っているだけです。つまり、売掛金がしっかりと払われるような状況になっているなら、その時点で審査は通過していることになります。会社の経営状況によって少し変わりますが、割と審査を受けなくても融資を受けられる可能性があります。

ファクタリングの場合は契約で来店が必要

一応郵送でも契約は可能ですが、ファクタリングを行っていきたいなら、対面での契約を重視しています。ノンバンクの場合は、郵送による契約が大半となりますので、わざわざ企業の担当者と対面で話をすることはなりでしょう。つまりノンバンクの場合、対面契約をしないところがメリットとなり、ファクタリングのデメリットとなります。
対面契約をしない場合は、信頼性を考えられないのです。ファクタリングの契約には、思っていた以上に悪質な会社が出ているので、信頼できる会社との契約が重要になります。信頼できると判断されている会社と契約をしておけば、問題なく融資を受けられるようになるでしょう。
信頼できる会社なのか、ファクタリングについて情報を検索したり、過去に利用している会社の担当者から相談するなどして、情報を得ておくのも大事になります。ノンバンクの会社と比べると、あまり情報が出ていないように感じますが、ここ最近は情報サイトも充実しているので安心です。

ノンバンクよりもファクタリングを使おう

ファクタリングを使っていくことによって、より多くの融資が期待できるようになりますし、審査の手間も省けるようになります。審査で苦労している会社の多くが、ノンバンクを利用してなんとか借りようとしていますが、もっといい方法は用意されているのです。
ノンバンクを活用しすぎると、返済で苦労していくことになります。会社が多重債務の状況になっていることも多く、返済で厳しい傾向が出てしまうでしょう。ファクタリングに変えれば、多重債務の問題は解消されます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter