【ファクタリング】即日で融資を受けられるならいつサービスを使う?

2017/11/04
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

即日でサービスを利用していく場合には、どのタイミングで融資を受けたほうが良いのか考えていくようになります。タイミング次第で、かなり苦労することもありますので、負担を小さくしたいと思っているなら、サービスを考えていくことが望ましいです。ファクタリングのように、新しく登場しているサービスによって、即日融資も可能になっていますが、いつサービスを使って融資を受けたほうが良いか考えていくことも大事です。

即日で受けても計画がないと失敗へ

どれだけファクタリングが良いサービスだったとしても、即日で融資を受けた時、何に使っていいか考えていくのは問題です。既に決定している状態で申し込みを行って、最終的に融資を受けられるようにする方法が重要になります。事前に計画を作っていることが、ファクタリングでは重要になっているので、正しい方法で契約を行いましょう。
計画がない場合は、ファクタリングの審査で落とされてしまう可能性もあります。何に使うのかわからないのに、ファクタリングの会社はリスクを背負って融資をするなんてことを考えないのです。事業に使うことがわかっており、返済できるような環境が作られていると確認してから、最終的にファクタリングを行っても良いのか考えています。
融資を受けられる状況によって、ファクタリングは契約できる内容が異なったり、審査の違いが出てきます。ある程度審査を受けやすいようにしていることが大事になりますので、早めに行動して審査を受けやすいように調整するなどの対応を取り、安定している状態でファクタリングに取り組みましょう。

ファクタリングは計画が完了してから申し込み

申込みのタイミングですが、ファクタリングを得た後の計画が完了している状態で、全て提示できると判断しているタイミングで行います。申込み自体は、電話でもネットでも行えるようにしているので、連絡を入れればすぐに対応してくれるようになります。予約を入れておくことで、ファクタリングを即日で契約することも可能になります。
計画が完了していない状態や、書類が足りていない状況で審査を受けることは非常に危ないことです。無計画で融資を受けようとしている判断をされてしまい、ファクタリングでも落とされてしまったり、追い返される可能性もあります。正しい契約方法を知っておくことが大事になり、ファクタリングを確実に使えるようにするまでにはじっくりと考えたり準備をしてください。

ファクタリングでの契約の流れ

ファクタリングは、契約する際の流れを知っていることが重要になります。即日で契約できるサービスとなっていますが、流れを知っていることでよりスムーズに行えるようになるでしょう。その流れについて説明します。

ステップ1:事前に売掛金を作る

ファクタリングの大前提として、売掛金が発生していないと利用できないものと考えてください。事前に売掛金を作っておくことが重要になり、用意できなかた場合はファクタリングの選択肢を取れないままとなります。
売掛金は、どれくらい発生しているかによって融資の金額が変わってきます。大掛かりな契約となっているなら、安心して多くの融資を受けられるようになるでしょう。準備をしないと駄目な分、金融機関等の融資よりも慎重に考えることになります。

ステップ2:ファクタリングの契約

次に契約を行っていくのですが、この契約には重要なポイントが幾つかあります。
まず売掛先企業についても、ファクタリングの契約に同意してもらうことになります。売掛債権をファクタリングの会社に譲渡して融資を受けるので、返済をファクタリングの会社に行ってもらいたいと説明しておくのです。相手の企業も同意してくれないと、ファクタリングの契約はできません。ここはファクタリング会社も重要なポイントとして考えています。
その上で、ファクタリングの契約を行って、融資を受けることを確認します。ここで提供される金額の確認が取られるようになります。融資を受けられる金額が多ければ多いほど良いのですが、多すぎると逆に使いづらいものが増えてしまう可能性もありますので、しっかりと契約の情報を確認してください。

ステップ3:売掛先企業と金額の確認

売掛先企業についても、売掛金の数字が正しいか確認してもらいます。もし間違っていると判断された場合は、どの部分で異なっているか確認を取ります。訂正を行って、もう1度ファクタリングの会社に数字を正しく提示しなければ、数字のズレによって返済が完了しないことになります。

ステップ4:ファクタリングの確認と融資

金額の間違いが残されていないなら、最終的にファクタリングを確認して、本当に問題がないことかチェックしていくようにします。ファクタリングの契約をする際の最終確認が取られて、全ての確認が実施されていきます。
ここで問題がないと判断されたなら、融資を行ってもらうことになります。金額は結構多くなる場合もありますので、銀行などの振込が採用されるケースも多くなっています。
融資を受けて、早期に売掛金を現金に変えることができたなら、金額の確認を行っておきます。ここで提供される金額は、ファクタリングの会社が手数料を差し引いていますので、手数料分だけ少なくなっているはずです。手数料を知らない場合、少ないじゃないかと抗議を入れてしまいますが、ファクタリングの契約上、先に手数料を取られることが多いと思ってください。

ステップ5:売掛先企業が返済する

ファクタリングの契約に同意していることで、売掛先企業が返済を行う場所がファクタリング会社となります。こうして返済される先が変わったとしても、金額は同じです。ずれている状態だと、返済額が違いますというトラブルが起きてしまうので、事前に金額の確認を取ることになります。
金額が間違っていなければ、早期に売掛金が支払われることによって、契約は完了することとなります。早く売掛金を処理できる方法として、ファクタリングは多く利用されることになり、サービスとしても優秀なことは間違いありません。

ステップは即日で完了する場合も多い

返済というステップだけは、売掛先企業に委ねられることになりますので、指定されている日数までに行ってもらえば良いのです。他のステップについては、即日で行える形になりますので、ファクタリングの会社、そして売掛先企業との交渉をうまく進められれば、早く融資を受けられるでしょう。
事前に準備をしておくことのメリットは、即日融資に繋げられることです。融資を受けるまでにかかる時間をかなり短くして、早く利用できる状況を作れます。しかも手続きにかかる時間もそこまで長くないので、ステップを上手にクリアできるようなら、数時間程度で大金を出してくれることも多いです。

ファクタリングは早くからスタートさせる

準備をしたいところですから、いつから準備をするのかしっかり考えてください。早くても1ヶ月前から計画を作っておくことになるでしょう。売掛金を発生させることが最初の前提ですので、売掛金が発生している段階で、ファクタリングの契約を模索していくのです。
後のステップは、ファクタリングについて相談を持ちかけたり、会社側に相談しておけば簡単に実施されるものとなります。相談などによって、ある程度わかり易い内容が説明されれば、後はその通りに従って確認などを取り、ファクタリングの契約を結べば良いのです。相手先企業についても、事前に相談して確認を取りやすくするといいでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter