ファクタリングで資金調達するならランキングサイトを信頼してよい?

2019/06/04
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

ファクタリングで資金を調達しようと思ったとき、どのファクタリング会社に依頼すればよいか迷ったら何を参考に決めるでしょう。

インターネットなどでは実際に利用されたファクタリング会社のうち、口コミ評価の高い業者をランキング形式で紹介しているサイトなどもあります。

そこで、ファクタリング会社選びのランキング形式の口コミサイトなどを参考にする場合、何に注意すればよいのか、紹介されているファクタリング会社は本当に信頼してもよいかをご説明します。

 

本当に信頼できる優良なファクタリング会社を見極めるために

ファクタリング会社をインターネットで検索した場合、その数は100以上にのぼるため、どこに依頼すればよいか迷うのも無理はありません。

その中から、手数料が安くて資金化されるまでが迅速であることにより、口コミ評判がよいファクタリング会社をランキング上位として紹介していることがありますが、これらの項目や情報だけで判断してよいのか迷うところでしょう。

確かにいそいで資金が必要という場面で、最短で即日現金化が可能であることや、業界最安の手数料といわれれば、そのファクタリング会社を利用したくなるものです。

ただ、本当に信頼できる優良なファクタリング会社に依頼したいなら、掲載されている口コミや評判などから、どのくらいのはやさで資金が調達できるのか、設定される手数料は妥当か、信頼できるファクタリング会社かを見極めていくことが必要になります。

 

資金を調達できるまでのはやさ

ファクタリングを利用する方の多くは、早く手元に資金を得たいと考える方です。そのため、売掛債権が現金化され、資金として調達できるまでのはやさは重視される項目です。

優良なファクタリング会社であれば、契約に必要な書類が揃っており、銀行窓口の営業時間内に送金が可能である状態の場合は、最短即日で現金化されます。

 

設定される手数料は妥当か

ファクタリングには2社間と3社間がありますが、売掛先を間に挟まず利用者とファクリング会社のみで契約する2社間のほうが手数料は高めで、3社間の手数料相場は1~5%程度であるのに対し、2社間は10~20%が相場です。

手数料は売掛金の種類や売掛先の信用力、2社間か3社間どちらを選択するか、売掛債権が入金されるまでの期間、売掛債権額など様々な項目を総合して判断されることとなるので、取引ごとに異なります。

そのため、どのくらいの手数料がかかるか知りたいのなら、まずは見積もりを取得してみることが必要です。

 

●2社間なのに3社間並みの手数料はお得…ではない!

注意したいのは、2社間なのにあまりに破格といえるほど安い手数料が設定されるケースです。

サイトの上位にランキングされているから大丈夫だろうとコンタクトを取り、見積もりを取得したら2社間なのに3社間並みの手数料設定だったとします。さすがランキング上位の業者だと感激したのもつかのま、いざ契約の段階で当初伝えられていた手数料とは大きく異なる割合を提案されたり、本来必要としない費用を請求されることもあります。

偽のランキングサイトを作成して自社を上位に掲載し、利用者をおびきよせて実際には相場を大きく上回る手数料を奪い取ろうとする悪徳業者も存在します。

名も知れていないファクタリング会社一社のみをランキング上位の業者として紹介し、その業者だけを紹介しているサイトなどは偽の口コミやランキングサイトである可能性もあるので騙されないようにしましょう。

 

信頼できるファクタリング会社か

ファクタリング業界に悪徳業者が横行しやすい理由として、貸金業者のように業を営むための登録制度や許可制度などはファクタリング業界にはありません。

しかも、設定する手数料にも制限は設けられていないので、あくまでも相場が目安となっている状況です。

そのため、貸金業界では様々な制限により営業できなくなったヤミ金業者などが、今度はファクタリング会社を装い利用者を騙そうとすることが問題となっています。

ただ、正規の取引を行い、本当に資金の調達に困った方の力になってくれる優良なファクタリング会社も存在します。

 

●過去の取引事例などを確認できる

過去の取引実績や、口コミ、評判など、実際に利用したことのある方のリアルな評価を参考にしながら、対象となるファクタリング会社が信頼できるか判断しましょう。

まだファクタリングは日本で一般的な資金調達の方法として馴染んでいるわけではないので、たとえば自社のホームページで過去に行われた取引を事例として紹介していたり、コラムなどを掲載して、安心してファクタリングを利用してもらえるような努力をしているファクタリング会社もあります。

そのような真摯な姿勢でファクタリングの利用を提供しようとするファクタリング会社なら、安心して利用できると考えられます。

 

ランキングサイトを参考にファクタリング会社を選ぶなら

もしファクタリング会社をランキング形式で紹介しているサイトを参考に業者選びをするなら、まず資金を調達する目的重視したい部分にサービス内容が合致するかも確認しましょう。

 

これまでの買取実績を公開している

先に述べたように、優良なファクタリング会社は自社のホームページなどでこれまでの買取実績数事例などを公開しています。実際にどのようなケースでファクタリングを利用することが有効か、適した業種や買い取り対象となる売掛債権金額、現金化されるまでの日数などを把握することができるでしょう。

 

メリット・デメリットも含めた情報を提供していること

ファクタリングを利用することで様々なメリットがあります。たとえば、申し込み後に行われる審査は融資とは違った内容であり比較的ハードルが低いこと、そもそも借り入れではないので負債を増やすことがないこと、売掛金の貸し倒れリスクを軽減させることにも繋がることなど、その内容はいろいろです。

ただ、優良なファクタリング会社の場合、よいことばかり並べるのではなく、たとえば悪徳業者が存在することや、手数料が発生することなど、デメリットと考えられる部分もしっかり説明してくれます。

自社のホームページなどにもその内容を記載し、コラムやブログでも注意喚起するなど、情報提供を行っていることがほとんどです。

 

財務などの経営支援も同時に行う

ファクタリングを利用したいと考えている方は、資金繰りが悪化していたり事業再生などの課題を抱えていることが多いようです。

そこで、ただファクタリングで資金調達のお手伝いをするだけでなく、財務的なコンサルティングなどまで行ってくれる業者も存在します。

ファクリングに限定せず、どの資金の調達方法がもっとも適しているかを見極め、調達後に事業を円滑に営むことができるような内容を提案してくれるなどです。

総合的に様々な視点で判断してくれるファクタリング会社を選んだほうが、その後の資金繰り改善にも繋がりやすいといえるでしょう。

 

まとめ

ファクタリング会社各社を比較するサイトや、ランキング形式で紹介するサイト、利用者の口コミ評判による高評価の業者を紹介するサイトなど、いろいろなファクタリング会社のサイトが存在します。

ただ、中には口コミを投稿すると謝礼がもらえることを理由に高評価を付けていたり、そもそもサイト運営会社が作為的に口コミを作成して掲載していたりと、信頼できないサイトがあることも事実です。

本当に信頼できる比較サイトやランキング形式のサイトなら、様々な項目からどのファクタリング会社の信頼性が高いのか評価しているでしょうし、一社だけに限定して紹介しているということはありません。

正しい事実をしっかり伝えてくれる比較サイトやラインキング形式のサイトを参考に、ファクタリング会社選びを行うようにしましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter