ビジネスローンへ申し込みを行うよりもいい方法も存在する

2017/11/10
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

金融機関が提供しているビジネスローンは、初めて会社を立ち上げている方にとってプラスとなる場合もありますし、事業用として活用しやすいローンの1つでもあります。ただ、金利面での問題が大きく、返済する金額がかさんでしまう可能性もあります。
あまり返済しなくても良いように、ビジネスローン以外の方法を採用していく方法もあります。採用した方法次第では、返済額をかなり減らせるようになり、安心して経営を行うことができるでしょう。

ビジネスローンの申し込み前に考えたいこと

ビジネスローンは、多くの会社が取り扱っているもので、借入として利用していく傾向が多いです。ただ、扱っている会社が多いものの、提供されているサービスの金利を確認すると、結構高いことがわかってきます。ビジネスローンとして作られているものは、金融機関が企業向けに行っている融資よりも金利を高くしている可能性があり、ビジネスローンを使うと返済額が増えてしまいます。
申し込み前に、金利の比較を絶対に行ってください。比較をしないで決めてしまうと、返済に影響が出てしまい、返済を行っている途中で資金繰りが悪化し、返済ができなくなってしまう場合もあります。返済のことまでしっかりと考えてから、契約を模索していくのが望ましいです。
うまく利用していけば、最初のうちは経営を安定させられる可能性を持っています。ビジネスローンの契約までに、自分でできる範囲の確認を取るようにして、不安な部分を取り除いてから契約を行ったほうが良いでしょう。

ビジネスローンは思ったほどのサービスにならない?

利用していくことで、一定の金額を提供してもらえるのは良いですが、思っていた以上に提供してくれる金額が少ないなどの問題で、苦労する場合もあります。かなり多くの資金調達を行う必要があるなら、ある程度多くの金額を借りられるようにするサービスが良いのですが、ビジネスローンは高い金額の融資に対応していないものもあります。
数百万円で十分なら、ビジネスローンを使っても問題はありません。しかし、1000万円を超えるようになってくると、流石にサービスを考えていく必要もあります。用意されているサービスの中には、1000万円以上の融資に対応していないものも多数あり、ビジネスローンを使っていくことが難しいケースもあるからです。
思っていたサービスと違うように感じたとしても、ビジネスローンは方針としてあまり多くの金額を貸さないものと思ってください。

ビジネスローンよりもすぐに借りられるサービスも

ビジネスローンを提供している会社とは違いますが、ビジネスローンよりも借りやすく、高額な融資に対応しているものもあります。会社を立ち上げたばかりなら利用しづらいですが、ある程度会社の経営ができていて、売掛金を持っているならファクタリングに変えてください。ビジネスローンよりも多くの金額を、すぐに融資してくれるサービスがあります。
融資の金額によって、経営に影響が出てくる部分は大きいです。かなり融資を行ってくれるようなら、安心して使えるサービスと考えられるのです。ビジネスローンでは不可能な、1000万円以上の場合でも、売掛金が1000万円を超えているような状況であれば可能にしてくれます。会社によって上限が異なっていますので、上限を確認して選んでいくことも大事です。
ビジネスローンを使っている人で、他の借り入れサービスも検討したいと思っているなら、ファクタリングの選択肢も考えてください。ビジネスローンよりも優れているポイントが多いことに加え、即日融資に対応しているので早く借りられます。

即日融資のメリットで経営を安定

ファクタリングは、ビジネスローンにはない即日融資を持っています。得られる会社は限定されていますが、即日融資を受けることができれば、ビジネスローンよりも早く事業展開が行えるようになります。
即日融資によって、厳しい経営を強いられていた状況から開放されて、安定している経営状況に持っていくことができます。そして、返済は売掛金によって対応されることになるので、売掛金が入れば自動的に返済が実施されて、問題なく事業を続けられるようになります。ファクタリングの契約は、短期間で終了することが多いので、長い時間を考えなくても大丈夫です。
ビジネスローンは、消費者金融のように早く審査を行ってくれる場合もありますが、融資を受けるまでに時間がかかってしまいます。また、会社の情報を調べるために時間が必要で、審査に遅れが出ている場合も多いのです。早く融資を受けたいと思っていたのに、待たされてしまうような状況になることも多いのです。

即日融資を行ってくれるファクタリングに切り替えることで、早く事業展開を行って、融資を受けた金額から更に多くの売掛金を作れるようになります。売掛金によるサイクルが生み出されるようになれば、どんどん経営の安定を図ることができるでしょう。

ファクタリングとビジネスローンの違いは

ファクタリングとビジネスローンには、異なる点がいくつもあります。融資をしてくれる方法ですが、ファクタリングは売掛金を購入してもらう方法、ビジネスローンは金融機関等が貸し出す方法です。債権を購入して貰う方法ですから、通常の審査とは異なる視点で行われて、今まで経営的に厳しいと思われていた会社が審査を通過することもあります。
申込方法も違いがあります。ビジネスローンには、ネットでもサービスを使えるようにする方法があり、最近ではネット上から申し込みをして融資を受ける方法が使えます。ファクタリングも同様のサービスを持っているのですが、契約する方法は郵送になることも多いです。対面で契約できるサービスも用意されているので、対面契約なら安心できるかもしれません。
ファクタリングは、得られる金額が売掛金によって決まりますので、手数料を差し引いても多くの融資を受けられる可能性があります。ビジネスローンは、審査の内容によって融資額が決定されますので、会社の安定性がなければ借りられる金額が制限されてしまいます。多くの金額を融資してもらいたいと思っている時には、ファクタリングに変えたほうが効果的でもあります。

返済のリスクも考えておこう

ファクタリングであれば、売掛金が支払われることで返済が可能になりますので、すぐにでも契約が終わります。その分だけ契約できる期間が制限されていて、ビジネスローンよりも短期間で返すことになります。事業者向けに、かなり短期間の融資を行ってくれるものと考えてください。
一方でビジネスローンの場合、会社の経営がうまくいかないと、返済ができない状況になってしまいます。返済不能になったら、倒産などの措置を取るしかありません。返済しないことで、遅延損害金などが発生するケースも多くなっていますから、返済のリスクを考えて契約しなければならないのです。

ビジネスローンの申し込みよりもファクタリング

申し込みの前に、サービスをしっかり理解して決定することが重要になっています。ファクタリングという選択肢が取れるようになれば、会社としてはビジネスローンに頼らなくても良い状況で、ファクタリングで多くの融資を受けられるようになるでしょう。
ビジネスローンは、会社を立ち上げた時に使ってください。最初の時点では売掛金がありませんので、ビジネスローンでしっかりとサポートしてもらい、事業に必要な資金を作り出すのです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter