ビジネスローンからの借り入れ目標を達成するための方法

2018/04/25
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

資金不足に陥り、ビジネスローンからの借り入れを目標としている方も多いのではありませんか?しかしビジネスローンは審査を受けてから借り入れできるかが決まってくるわけです。審査落ちをしてしまうかもしれません。

こちらではビジネスローンからの借り入れといった目標を達成するためにはどういった事が必要なのかを明らかにします。確実に借り入れ目標を達成するために必要なことが知りたい、という方は要チェックです。

 

業歴が2年以上あること

・業歴がない場合にはビジネスローンは利用できない

ビジネスローンは審査が易しい、といった印象があると思います。確かに銀行融資よりも審査は通過しやすくなっています。そもそも銀行融資とは金利が違うのです。金利が高く設定されているので、業者としても利益率が高く比較的リスクが高い案件であったとしてもOKとしてくれることが多いのです。

しかしビジネスローンで問題になってくることがあります。それは業歴です。
実は利用条件に業歴を設定しているところも少なくありません。

「業歴が1年以上あること」
「業歴が2年以上あること」

上記のような条件を設定していることが多くなっています。要は業歴が1年未満である場合には、ビジネスローンを利用するとの目標があったとしても達成するのは極めて難しいのです。

・なぜ業歴が短いとビジネスローンが利用できないのか?

ビジネスローンでは決算書を審査の判断材料としています。仮に業歴が1年未満であると決算書がありません。年間を通してどのような経営状況にあったのかが判断できないのです。
赤字状態になっている可能性も捨てきれません。より確実に融資先の情報を知るためにも、業歴は1年以上なければならない、としているわけです。

理想的な話をすれば業歴は、3年程度はあると良いとされています。

そもそも起業してから短期間で倒産する会社が圧倒的に多くなっています。厳しいビジネスの世界を生き抜いていくのは大変なのです。

要は長く経営しているということは、それだけその企業に力があるということなのです。一定以上の収益がなければ、そもそも長く経営はできません。経営者の脂質というものも関わってくるのです。業歴が長いということはそれだけでも、ビジネスローン業者側から見て魅力的というわけです。

 

銀行融資やベンチャーキャピタルからの資金調達実績がある

・資金調達実績が新たな資金調達を可能にする

意外に感じるかもしれませんが、過去に資金調達ができた実績、というものがビジネスローンを利用する時に大きな役割を果たしてくれることがあるのです。

資金調達方法には銀行融資やベンチャーキャピタルなどがあります。その銀行融資とベンチャーキャピタルに関しては、利用難易度が極めて高くなっています。
銀行融資に関しても厳しい審査を勝ち抜いていかなければなりません。金利が低く設定されているので、銀行側も慎重に審査を行ってくるのです。

ベンチャーキャピタルに関しては、創業前や創業直後でも利用できる資金調達方法となっているわけですが、将来性がない会社に対して出資することはありません。そもそもベンチャーキャピタルの目標は出資した会社の上場です。ベンチャーキャピタルとしては出資時に得た株式の価値上昇を狙っているのです。ですから将来的に上場できる可能性を持った企業にしか出資をしません。要はベンチャーキャピタルが出資した会社は、将来的に上場できるほどの力を秘めている、と考えられるわけです。

資金調達実績がビジネスローンを利用しやすくする、というのは目からウロコの方もいるかも知れません。しかし個人的なもので考えてみるとわかりやすいかもしれません。

たとえば今まで一度もクレジットカードを利用したこともなければ持ってもいなかった方がいるとします。そういった方がクレジットカードの審査を受ける時はかなり苦戦します。利用実績がなく、返済能力があるかをクレジットカード会社が判断できないからです。
一方でクレジットカードをすでに持っており定期的に利用している方については利用実績があります。さらにこれまでも返済を経験しているので、返済能力もある、と判断されるのです。

クレジットカードについては実際にすでにカードを持っている方の人のほうが審査に通りやすい、と言われているほどなのです。利用実績は審査においては特に大きな役割を果たすこともあるので注目しておきましょう。

将来的にビジネスローンの利用を目標としているのであれば、事前に少額の借り入れをしておくのもおすすめです。その時に注意してなければならいのが返済です。返済には絶対に遅れないでください。返済に遅れてしまうと偏差実績に「問題あり」となってしまい、マイナス評価をされてしまうのです。

 

なぜビジネスローンを利用するのかを明らかにしておくこと

・目的を明らかにしておくと借りやすくなる

ビジネスローンからの借り入れを目標にしているケースですが、単に資金難であるから、といった理由で検討しているのではありませんか?
借り入れを行う場合には、必ず目的を明らかにしておく必要があります。

審査で「なぜビジネスローンによる資金調達をしようとしているのですか?」「融資された資金の使途はなんですか?」といったことが聞かれることがあるのです。その時に明確に答えられなければ、評価を著しくダウンさせてしまうことになりかねません。

そもそも目的がはっきりしたい相手にお金を貸したいでしょうか?絶対に貸したくありませんよね。どのような目的で資金調達をしたいのか明らかにしてもらわなければ、ビジネスローン業者がお金を貸してくれる、ということはありえないのです。

・ビジネスローンの借り入れ目的として適切なものとは?

①短期間の運転資金調達のため
②少額の設備投資資金のため

ビジネスローンは基本的には小額の融資が多くなっています。最高限度額でも1,000万円から2,000万円程度に設定されていることが多いのです。もちろん担保付きのビジネスローンであれば、5,000万円や1億円の借り入れが出来るケースも有るのですが、担保型ローンはリスクもあるのであまりおすすめはできません。

少額のローンとなるので、長期的な利用についてはあまりおすすめできないのです。そもそも金利も高いので、長期的な利用になってしまうと負担になってしまいます。ビジネスローン業者としても、長期の利用をされた挙げ句に貸し倒れになってしまうのは避けたいところ。

そこで目的として適切なのが短期的な利用としているものです。例えば、2ヶ月分や3ヶ月分の会社の運転資金を得るため、という形であれば対応してもらえる可能性が高くなります。
会社を経営していると、売掛金や受取手形の入金が1ヶ月から2ヶ月遅れる、ということは珍しいわけではありません。臨時的な資金難に対処する、という借り入れ目的であればビジネスローン側も安心してくれます。
日常的に資金難にあえいでいる企業に貸し出しはしたくありませんからね。

設備投資費用を目的に設定するのもおすすめです。設備投資というのはまさに臨時の出費となります。通常時は資金難ではありません。しかし設備投資をするに当たり一時的に資金難になったので借り入れを希望している、ということであればビジネスローン業者側もOKと判断してくれやすいのです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter