融資を早く受けるためには?早く受けるメリットは大きい

2017/10/20
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

融資を受けることで、会社は多くの事業が展開できる形になり、必要な経営資金を確保できます。資金を確保するには、会社を立ち上げてからすぐに融資の相談を行う必要があります。早く融資を受けられないことには、事業を進められなくなります。対応を早く取るために、会社立ち上げの時点で必要な情報を知っておきましょう。

融資の遅れは事業の遅れにつながる

 

 

金融機関や公的融資などを活用してもいいですし、最初のうちはカードローンという契約でも融資は受けられます。どのような方法を使ってでも、最初の事業に合わせてお金を集めないことには、展開できない事業が多くなってしまうと考えてください。事業の展開が遅くなってしまうことは、相当な遅れにつながってしまい、最終的に利益が失われる恐れもあります。

早く行動していることで、他の会社が実践していないようなサービスを展開できる形になります。するとサービスの支持が集まるようになり、多くの人が利用してくれて利益が生み出されます。他の会社も協力的な状況となっていくので、売掛金を活用した売上が期待できるようになり、事業展開が行いやすくなります。

遅れてしまった場合、他の会社が先に実践していることで、販売する価格を抑えなければどうにもならないケースが出てきます。かなり厳しい状況も起こりうることですから、早く行動するためにも融資を受けたほうが良いのです。先々に行動することが、会社の事業を更に加速させるものと思ってください。

融資は正しい手続きを行うこと

早く融資を受けたいのはわかりますが、適当に融資に関連している書類を作るなどして、問題が起きてしまうのは避けたいところです。融資は正しい手続きを採用していくことと、早く行動できるように考えておきたいものです。正しく手続きが行われていることで、融資に向けた動きは加速するようになります。

もし書類の不備が発生しているなどの問題で、書類の差し戻しなどを行わないと駄目な場合、融資を行いたい会社としても審査が続けられず、立ち止まってしまいます。融資を受ける側は、書類の再作成を行うこととなりますので、余計な負担となってしまいますし、融資の遅れに繋がります。

融資の手順を間違えないように、そして不備などによって戻されてしまう状況が起こらないように気をつけていくことが大事です。早く行いたいと思っている方には、先に融資を受けるために書類を全て揃えることが望ましいです。

融資を早く受けるための方法を活用

 

 

早く受けられる方法と、明らかに遅いような方法が混ざっていますので、融資を受ける場合は気をつけて行動してください。早く行ってくれるような方法なら、すぐに事業展開が行えることと、売上をすぐに作れるようになります。いち早く融資を受けられる方法を理解して、行動していくことが重要になります。

早く受けられる融資1:消費者金融

企業が利用することはほぼありませんが、個人事業主で事業展開を行いたいなら、消費者金融が一番早くなります。消費者金融の場合は、個人事業主でもそれなりに利益を持っているようなら、融資を受けられるようになります。ホームページから申し込みを行えば、即日対応が行われ、融資を受けられます。

消費者金融のメリットは、とにかく早い融資が受けられるという部分です。2時間程度で融資を受けられる可能性もありますし、夜でも自動契約機の活用で融資が受けられる可能性もあるので、早くお金を得たいと思っている時には、消費者金融が一番理想的な状況かもしれません。

ただ、金利の高さがデメリットとなります。個人で利用する場合でも、消費者金融が持っている事業用ローンを利用する場合でも、金利は10%を超えてしまうケースが多いです。融資を受けられる金額によって、金利は減少していくようになりますが、かなり高い状況に陥ってしまうことで、返済の問題が生まれやすくなります。

 

個人で利用するならいい方法ですが、企業として考えていくのは少し難しい傾向にあります。なるべく安心して利用できる環境を作れるように、金利面で小さくできる会社選びも大事になります。

早く受けられる融資2:銀行カードローン

消費者金融とほぼ同じようなサービスを展開している銀行カードローンですが、こちらの場合も即日融資が受けられる可能性を持っています。消費者金融と異なる部分として、金利が多少小さくなりますので、返済額を抑えられるメリットを持っています。ただ審査が厳しい傾向にあることと、近年はカードローンに関連する問題が増えているため、規制が強化されることで更に使いづらくなる可能性もあります。

銀行によって対応が異なる点もあります。即日融資を受けたいと思っていたら、サービスとして即日融資は行っていない場合もあります。カードローンによる違いをしっかり理解して、利用する場合には相談を行ってください。早く行動しなければ、即日対応は行われない傾向があります。

早く受けられる融資3:ファクタリング

ファクタリングは、ここ最近になって登場し、活用されている方法です。消費者金融や銀行カードローンとは異なり、融資というより債権の売買によってお金を受け取っているものとなります。つまり貸金業者を利用しているのではなく、ファクタリングに関連する専門業者を活用している形になります。

早く受けられる融資の中でも、特に早いとされている方法です。相談して契約を結ぶことができれば、1時間程度で融資が完了していることもあります。しかも金額については、カードローンや消費者金融のキャッシングよりも多くなり、1000万円級の融資まで受けられるようになります。

銀行で行えるような融資を速やかに実施してくれるサービスとして、近年多くの会社が利用を検討しています。売掛金を支払える状況で、会社としてある程度安定していることを証明できるようなら、ファクタリングの審査も通過しやすいのです。早い会社であれば、書類の作成から契約までを加速させて、融資を受けやすくしてくれます。

 

すぐに融資を受けられるメリットと、高額な融資に対応できる点で、カードローンなどよりも事業者向けに作られています。ただ返済までに要求される期間が短いことに加えて、手数料の問題を抱えている方法ですので、比較作業をしなければなりません。

早く融資を受けるために行う準備

 

 

即日でも融資を受けられる方法が、現代には存在しています。ただ早く融資を受けられるのは良いですが、準備をしていないと当日中に借りることはできません。翌日でも良いならゆっくり進めてもいいですが、早く融資を受けないと会社としては厳しいと感じているなら、準備を進めておきましょう。

融資への準備1:会社の比較

先に会社の比較を完了させておきます。消費者金融でも銀行でも、更にはファクタリングを活用する場合でも、会社の比較は絶対に必要です。会社の情報を知らないまま契約して、後から手数料が高いとか、金利面での問題が起きているなんてことは避けたいのです。

比較する方法は、融資を受けられる手法、金利だけではありません。会社としての信頼性と、融資を受けられる上限についても確認してください。特に信頼性はかなり重要になっていますので、ファクタリングの場合は特に気をつけてください。近年悪質な業者の摘発が出ています。

比較が完了してから、どの方法を使っていくのが一番なのか考えます。比較が終わらないと、次のステップには進めません。

融資への準備2:必要書類の作成と入手

次に、必要書類を作成してください。消費者金融や銀行カードローンの場合、ホームページでも作成できますので、ファクタリング以外なら作成は当日中でも構いません。ただ、記入する内容をわかっていないと、早く進められない傾向があります。どの項目を記載しなければならないのか、先に確認しておくのもいい方法です。

次に必要な書類を手に入れます。ここでは身分証明などに必要な書類を得なければなりません。消費者金融と銀行カードローンは、必要書類が少ないので便利ですが、ファクタリングの場合は相当な書類を準備することとなります。ファクタリングに必要な書類は、下記の通りとなります。

・商業登記と印鑑証明

・会社の業績に必要な書類(無ければ確認不可能で審査に落とされます)

・売掛金に関連する基本契約書(既に契約している企業との間で作成しています)

・個別の契約書など、売買の内容がわかるもの

・過去の履歴がわかる通帳のコピー

以上の書類がなければ、ファクタリングは審査を受けられない傾向にあります。審査を受けたいと思っているのに、銀行カードローンなどと違って書類が多くなってしまい、あらゆるものを審査で解決してもらうような方法を取らなければならないのです。

書類については、とにかく忘れないように気をつけてください。そして書類の不備が1つでもあれば、契約はできません。契約したいと思っているなら、書類の入手と作成、そして不備のないことを先に確認しておくことが望ましいです。

融資への準備3:来店する日程を決める

ファクタリングに関連する準備になりますが、来店する日程を決めておき、それまでにすべての項目を確認しておきます。最近になって、郵送でも契約できるファクタリングが登場していますが、契約は対面で行わないと失敗する傾向があります。安心できる契約のためには、来店の日程を決めるようにしてください。

融資を行っている会社としても、相談して対応したい部分は当然持っていますので、必要書類を持っていき、ある程度の時間を使って契約を完了させるようにします。早く契約ができるようにするなら、先に予約を入れておきましょう。

消費者金融と銀行カードローンは、連絡する時間を作成した書類に記載しておけば問題ありません。これなら確認作業を早く進められるようになり、即日融資にも対応できます。時間が遅い場合は、翌日の融資となるので気をつけてください。

早く融資を受けることのデメリットもある?

 

 

融資を早くしてもらうことで、事業展開まで進みやすくなりますが、逆に言えば事業の内容を考えていないと、適当に融資を受けているだけになります。ファクタリングであれば、どの事業を行うかを説明していますので、用途については先に考えているものの、消費者金融などを活用していると全く用途を考えず、契約をしている場合もあります。

問題となるような融資を受けないように、まずはどのような用途に使うか明確にしましょう。事業用の融資を受けるわけですから、当然準備の段階で決めておかないと駄目です。これは考えずに融資を行って、用途をうまく決められなかったことが利息を大きくして、返済しづらいデメリットを作ってしまうためです。

 

もう1つの問題として、早く融資を受ける場合、ゆっくりと融資を受けられるような金融機関や公的融資は使いづらいのです。選択肢が小さくなってしまう問題もありますので、早く受けられる方法だけでなく、遅く使う方法もしっかり考えてください。

更に、用途の変更を行いづらくなりますので、思ったことをそのまま続けていくことになり、事業失敗に関連するリスクなどが計算できない可能性もあります。正しく計算を行うようにして、しっかりと行動できるような状況を作れるように考えておきましょう。

融資を早くする方法でいち早く事業展開に繋げる

近年は融資の方法もかなり多くなっていますので、様々な融資によってお金を得て、行動できる傾向が生まれています。当然契約できる内容次第では、事業展開早くなり、思っていたよりも先に行動できるようになるでしょう。融資を早く行ってもらうことは、行動を取りやすくなると思ってください。

同時に、早くから返済する義務が生じていくことに注意してください。早い返済は、売上をしっかり得て利益を作り、返済する状況に持っていかないと駄目です。売掛金が入らない限り、企業は返済することが難しくなっていきますので、早くお金を得られる方法で事業を展開して、返済まで近づけるようにしましょう。

早く融資を受けられる方法として、おすすめなのがファクタリングです。良い業者を活用していることで、信頼して高額な融資が受けられて、返済期間もある程度長引かせることができます。売掛金を活用している契約となりますので、会社が今までに行っているものを使いながら、いち早く融資を受けられるようになります。気になるようなら活用することも考えてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter